2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告

『League of Legends』や『Dota 2』、『World of Tanks』などの台頭により、大幅な変化を迎えたオンラインゲーム市場。そんなオンラインゲーム市場規模が2014年末までに110億ドルに到達し、2017年には130億ドルに達するという研究結果をSuperDate Researchが報告しました。

ゲーム文化 カルチャー
2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告
  • 2014年オンラインゲーム市場規模は110億ドルに ― SuperData Researchが報告

『League of Legends』や『Dota 2』、『World of Tanks』などの台頭により、一昔前とは大幅な変化を迎えたオンラインゲーム市場。そんなオンラインゲーム市場規模が2014年末までに110億ドル(約1.19兆円)に到達し、2017年には130億ドル(約1.4兆円)に達するという研究結果をSuperData Researchが報告しました。

SuperData Researchによる現在の統計データでは、アジアの市場規模が一番大きくFree-to-Play(以下F2P)モデルで33億ドル、Pay-to-Play(以下P2P)モデルで9億ドルの市場が形成されています。ついでヨーロッパのF2Pで24億ドル、P2Pで7億ドル。北米のF2Pで14億ドル、P2Pで7億ドルと言った順になっています。

SuperData Researchの予測では、F2Pモデルでオンラインゲーム市場が膨らみ、2017年早期までに111億ドルの規模、通期で130億ドルへと到達する見込みであると報告。現在、オンラインゲームはデジタルゲーム市場でも21%の割合を占めていることのこと。

タイトル別の統計データでは、『League of Legends』がシェアの11.9%を占める9億4600万ドルを記録。4位には10周年を迎える『World of Warcraft』がランクインし、P2Pモデルでありながら、9.1%のシェアを誇っています。また、ランキング5位に位置する『World of Tanks』は3億6900万ドルながらも、より少ないユーザーベースで高い収益化に成功しているタイトルであると報告しています。

Free-to-Playのビジネスモデルが主流となって久しいオンラインゲーム市場。次々と新しいタイトルが登場しており、市場規模の拡大と同様、これからも熱いゲームプレイを期待できそうです。

※文中の誤字を訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

    公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

  2. 『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

    『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

  3. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  4. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『ファイナルファンタジーVII』ゲーム映像付きサウンドトラックが7月24日に発売!

  7. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  8. 公式ボードゲーム版『Bloodborne』Kickstarterは日本時間4月24日から!ヤーナムを卓上で

  9. 揺れる!破れる!美少女格ゲー『Fight Angel』早期アクセス開始―詳細なキャラカスタマイズ機能も

  10. 『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top