イヌイット伝承モチーフの『Never Alone』が見せる可能性―ゲームで伝統文化は守れるか? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イヌイット伝承モチーフの『Never Alone』が見せる可能性―ゲームで伝統文化は守れるか?

ゲーム文化 カルチャー

イヌイット伝承モチーフの『Never Alone』が見せる可能性―ゲームで伝統文化は守れるか?
  • イヌイット伝承モチーフの『Never Alone』が見せる可能性―ゲームで伝統文化は守れるか?
  • イヌイット伝承モチーフの『Never Alone』が見せる可能性―ゲームで伝統文化は守れるか?


11月18日にSteam版が、海外では同日にPS4とXbox One版が発売されたパズルアクションゲーム『Never Alone (Kisima Ingitchuna)』。アラスカのイヌイット民族であるイヌピアットをモチーフにしたこのゲームが、失われつつあるイヌイット文化を守ることができるかもしれないと米ニューヨーカー紙が報じています。

数年前にアラスカの先住民やイヌピアットによって構成されるNPO、Cook Inlet Tribal Council代表のGloria O’Neill氏が、近代化によって失われつつあるイヌピアットの文化を若者に伝えていく手段としてビデオゲームが良いのではないかと提案したことから、同NPOとゲーム会社E-Line Madiaと共同でゲーム会社Upper One Gamesを立ち上げ、『Never Alone』の開発が始まったとしています。


文字を持たないアラスカのイヌピアットは、1000年の間、口頭だけで知識や知恵を伝承してきており、それらをゲームに再現するために、イヌピアットの85歳の長老や語り部、アーティストや現地の高校生などを開発者として招き入れたと述べられています。ゲームのストーリーはイヌピアットに伝わる民話「クスーサユカ」をベースとし、アートワークも伝承に準じたものとなっています。

そうして試行錯誤の末に完成した『Never Alone』は、ビジュアルや設定だけでなくゲームデザインも魅力的に仕上がっており、C.I.T.Cはこのゲームを購入した世界中のプレイヤーにも自分たちの文化や知恵などが伝わっていくと信じていると語っています。

イヌイット民族であるイヌピアットの文化を伝えていくことから開発がスタートした『Never Alone (Kisima Ingitchuna)』。本作の日本語版はSteamとXbox OneではE-Line Mediaより販売中、PS4版はUnity Games Japanから近日販売予定となっています。

※日本での販売状況など一部修正、加筆しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 12歳の少年YouTuber、『Fortnite』配信で10万サブスクライブ達成後にスワッティング被害を受ける

    12歳の少年YouTuber、『Fortnite』配信で10万サブスクライブ達成後にスワッティング被害を受ける

  2. 『DEATH STRANDING』トロイ・ベイカーが参加―『MGS V』オセロット役など

    『DEATH STRANDING』トロイ・ベイカーが参加―『MGS V』オセロット役など

  3. 暗号の歴史を学ぶ一人称視点パズルゲーム『Cypher』がSteam配信中!

    暗号の歴史を学ぶ一人称視点パズルゲーム『Cypher』がSteam配信中!

  4. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  5. 『サイレントヒル』の影響受けたレトロ風ホラー『Harrow』がリリース!

  6. 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

  7. 2018年の「東京ゲームショウ」は9月20日~9月23日に実施─「e-Sports」「VR/AR」などのコーナーも予定

  8. 海外YouTuberカップルの家に武装したファンが侵入、クローゼットに隠れて難を逃れる

  9. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  10. 『モンハン:ワールド』武器/アイテムアイコンのグッズが2月22日発売―身に着けてハンターアピール!

アクセスランキングをもっと見る

page top