「DreamHack CS:GO Championship」でFnaticが棄権、不具合利用による再試合を受け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「DreamHack CS:GO Championship」でFnaticが棄権、不具合利用による再試合を受け

PC Windows

「DreamHack CS:GO Championship」でFnaticが棄権、不具合利用による再試合を受け
  • 「DreamHack CS:GO Championship」でFnaticが棄権、不具合利用による再試合を受け

先日、スウェーデンで実施された世界最大級のLANパーティー「DreamHack」。本イベント内で開催された『Counter-Strike: Global Offensive』の大会「CS:GO Championship」で起こった出来事が話題になっています。

事が起きたのは、準々決勝FnaticとTeam LDLC戦の3マップ目「de_overpass」で、Fnaticはマップの隙を突いたテクニックを使用し、準々決勝を制しました。しかし、このテクニックに対してTeam LDLCが抗議。大会運営側で検証を行った結果、ルールでは定めていないものの不具合を利用したテクニックであるとして、再試合を行う決定が下されました。


大会で利用されたテクニック

この判定を受けFnaticは『CS:GO』コミュニティと他のチームに大きな敬意を払って、トーナメントから棄権を決定。有力な優勝候補の一つだったFnaticの棄権はファンに大きな失望を与えました。次のマッチへと駒を進めたTeam LDLCは最終的に優勝の栄冠を手にしています。

ここで問題となっているのはルールに明記されていないという点。この不具合はPixel-Walkingと定義されているもので、2013年夏に行われた「DreamHack」の大会では明確に禁止されていました。しかし、今大会ではルールに明記されておらず、このテクニックを受けて再試合を行うことは公平ではないという指摘が行われています。

一度はルールに明記された禁止事項が削除されたことで、運営側が該当テクニックの利用を容認していたと取ることもできます。今回の一件は大会運営側にも落ち度があったように見え、改めてプロ競技としてのゲーム大会運営の難しさを感じさせたのではないでしょうか。結果的にFnaticが棄権し、期待されていた競技としての魅力が薄れてしまった「DreamHack CS:GO Championship」。この件が次回以降の大会運営に活かされることが願われます。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『マーベル VS.カプコン:インフィニット』に「スパイダーマン」「フランク・ウェスト」ら4キャラ参戦!

    『マーベル VS.カプコン:インフィニット』に「スパイダーマン」「フランク・ウェスト」ら4キャラ参戦!

  2. 週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

    週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

  3. カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

    カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

  4. サバイバルホラー『Darkwood』早期アクセスから3年を経て正式発売へ

  5. 現実世界の地滑りを反映して『American Truck Simulator』がゲーム内の一部幹線道路を封鎖

  6. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

  7. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  8. 『Wolfenstein II』TV風面白映像―ドイツ語が喋れなければ…「再教育!」

  9. 壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に【UPDATE】

  10. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

アクセスランキングをもっと見る

page top