『ウルIV』元年最強決定戦!猛者が集った「TOPANGA LEAGUE」ファイナルをレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ウルIV』元年最強決定戦!猛者が集った「TOPANGA LEAGUE」ファイナルをレポート

今年格ゲープレイヤーを熱中の渦に巻き込んだ『ウルトラストリートファイターIV』。その『ウルIV』を使用した大会「TOPANGA LEAGUE」のファイナルが開催されました。高いレベルの戦いが数多く繰り広げられた本大会。今回はその集大成となる最終日の様子をお届けします。

ニュース ゲーム業界

現在AC/PS3/Xbox 360/PCでプレイ可能な『ウルトラストリートファイターIV』。今週末には「カプコンカップ」の開催も予定されており、日本国内でも本作を使用した様々な大会が開催。先日行われたタイトー主催の「一秋千撃杯」なども盛り上がりを見せましたが、今回は12月7日に行われた「TOPANGA LEAGUE」のAリーグファイナルの様子をお届けします。


約3ヶ月に渡って開催される、イベント団体「TOPANGA」による本イベント。今年で4回目となる今回は秋葉原e-sports SQUAREにて開催。多くの観客が集まっていましたが、会場のテンションが高く、昨年の「TOPANGA LEAGUE」ファイナル以上に熱気に包まれていました。

これまでの戦績は以下。

圧倒的な力を見せつけていたのはウメハラ選手。先月まで行われていた暫定順位決定戦でもももち選手との一敗のみと、長きに渡り活躍してきた選手の底力を見せつけてきました。


1試合目はうりょ選手 vs ボンちゃん選手。この段階では優勝の可能性も残されている前回覇者のボンちゃん選手に対し、うりょ選手からは「ここで勝って、ボンちゃんの優勝を無くします」と強気のコメントが。試合はサガットを操るボンちゃん選手に対し、うりょ選手のヴァイパーが圧倒。ボンちゃん選手が随所に暫定チャンピオンの底力を見せつけながら一時は白星が追いつくも、最終的にはペースを崩さずに試合を運んだうりょ選手に軍配が上がりました。


次に行われたsako選手 vs ももち選手戦。暫定順位決定戦では高い戦績を残し上位リーグで勝ち進んでいたsako選手。対するももち選手も下位リーグでのスタートながら、順当に持ち前の才能を発揮しながら上位リーグへと登り詰めてきました。両者その実力が光る場面が多数ありながらも、エレナの絶妙なタイミングでのヒーリング、画面端でのトリッキーなラッシュによりsako選手が優勢。しかしながら、その後のケンを操るももち選手本来の粘り強い戦いにより、デュースまで持ち込んだ末、見事ももち選手の逆転勝ちとなりました。


3試合目には、優勝がかかったウメハラ選手 vs ボンちゃん選手の一戦。今年4月に行われた「TOPANGA WORLD LEAGUE」優勝者決定戦でも見られたこのカードですが、今大会ウメハラ選手は殺意リュウで参戦。火力が増し、先に行われた暫定順位決定戦では10勝1敗という見事な成績でファイナルへ進出しました。勢い付くウメハラ選手に対し「次は僕が優勝を阻止します」との意気込みで臨んでいたボンちゃん選手でしたが、ウメハラ選手の圧倒的な技術の前に苦戦。硬さが目立つ立ち回りとなっていたこともあってか、ウメハラ選手が勝利し、同時に本大会の優勝を勝ち取りました。


優勝者が決定し、残り2試合となった本大会でしたが、ただの消化試合とはいかないのが「TOPANGA LEAGUE」ファイナル。次戦のマイケルたん選手 vs うりょ選手では、マイケルたん選手が「最終戦への前哨戦」と控えめなコメントに留めながらも、レベルの高い拮抗した戦いが見られました。初戦からハイスピードな試合展開を見せ、その後お互いが交互に勝利を重ねていましたが、ヴァイパーのバーニングキックが乱発。ケンも大昇竜拳で燃やしまくりの、文字通り熱戦となりましたが、最終的にはうりょ選手が勝ち星をあげました。


今大会最終戦はウメハラ選手 vs sako選手。共に長くプレイする有名プレイヤーの対決ということもあり、既に優勝者が確定したにも関わらず、会場では大勢の観客が注目していました。今大会屈指の好カードと言えるこの対決は、先の暫定順位決定戦ではウメハラ選手が勝者に。sako選手はこれまでのエレナからいぶきへキャラを変更し、戦いを挑みました。エレナからの変更でもプレイに違和感はなく、むしろこれまで同選手が長く触ってきたことでの安定感がありました。試合は、実況を務めたアール氏をもって「大道芸にしか見えない」と言われるほどのスーパープレイが連発。他の試合とは明らかに違うレベルの戦いが繰り返されました。


熱気溢れる激闘の末、勝者はウメハラ選手に。拮抗した戦いを見せながらも、殺意リュウの火力の高さと持ち前のセンスを大いに発揮し、sako選手のいぶきを下しました。


表彰式では、TOPANGA代表の豊田氏より(得失点差により)3位となったsako選手へ15万円、2位のももち選手へ30万円、優勝したウメハラ選手へ100万円が贈与されました。最後に同氏からは「来年はもっと上のステージのイベントも実施してゆく」との意気込みも語られ、大きな歓声と共に大会の幕が降りました。


先日行われた「PlayStation Experience」では次作『ストリートファイターV』やPS4版『ウルトラストリートファイターIV』の発表も行われ、まだまだ熱い死闘が展開されることになるのではないでしょうか。

第4期TOPANGA LEAGUE Aリーグ最終結果
《ハンゾウ@編集部》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. TVアニメ開始の『天穂のサクナヒメ』がお買い得!『ブリガンダイン』『すばせか』など最大70%OFFで販売中【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

    TVアニメ開始の『天穂のサクナヒメ』がお買い得!『ブリガンダイン』『すばせか』など最大70%OFFで販売中【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  2. Steamサマーセール2024終了までもう間もなく!買い逃し・買い忘れはない?

    Steamサマーセール2024終了までもう間もなく!買い逃し・買い忘れはない?

  3. 韓国ゲーム企業では歴代最高額を調達!『Stellar Blade』『メガニケ』のSHIFT UPが韓国株式市場に上場―収益はポートフォリオの多様化へ利用予定

    韓国ゲーム企業では歴代最高額を調達!『Stellar Blade』『メガニケ』のSHIFT UPが韓国株式市場に上場―収益はポートフォリオの多様化へ利用予定

  4. 2月発売の『スースク』が早くも無料配布!Prime Gamingプライムデーイベント限定配信タイトル発表

  5. 『フォールアウト』か『ウルティマ』に関わることも選択肢の1つだった…『バルダーズ・ゲート3』開発元CEOが語る

  6. 『テラリア』全プラットフォームでの累計販売数が5,800万本を突破―初代『スーパーマリオ』をも上回る歴史的な記録に

  7. 『ドラゴンボール ゼノバース2』などバンナムSteamタイトルがAmazonでもセール開催中!Steamサマーセールを逃してもまだ慌てる時間じゃないかも

  8. 【PC版無料配布開始】日本語対応のデッキ構築型ターン制ストラテジー『フロッピー・ナイト』Epic Gamesストアにて

  9. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  10. 「株式会社パルワールドエンタテインメント」設立!『パルワールド』の国内外ライセンスを推進、ソニーミュージック、アニプレックス、ポケットペアが協業でグッズなど展開

アクセスランキングをもっと見る

page top