ネイトの兄サムの詳細も―『Uncharted 4: A Thief's End』ディテールが一部判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ネイトの兄サムの詳細も―『Uncharted 4: A Thief's End』ディテールが一部判明

海外大手ゲームマガジンGame Informerの最新号でカバー特集が掲載されている、『Uncharted 4: A Thief's End(アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝)』。同誌の記事内容から、今作の気になるゲームディテールが早くも一部明らかになっています。

家庭用ゲーム PS4
ネイトの兄サムの詳細も―『Uncharted 4: A Thief's End』ディテールが一部判明
  • ネイトの兄サムの詳細も―『Uncharted 4: A Thief's End』ディテールが一部判明
※ストーリーネタバレの可能性もあるのでご注意ください

海外大手ゲームマガジンGame Informerの最新号でカバー特集が掲載されている、『Uncharted 4: A Thief's End(アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝)』。同誌の記事内容から、今作の気になるゲームディテールが早くも一部明らかになっているので、以下にまとめてご紹介します。

尚、先ほどの記事でもお伝えしたように、今作ではマルチプレイヤーモードが搭載されることも判明しています。

    ・『The Last of Us』のPS4移植は『Uncharted 4』の開発に役立った。

    ・『Uncharted 3』開発完了後、小規模のチームで着手し、『The Last of Us』とDLC『Left Behind』完了後に半分のチームが参加した。

    ・『Uncharted 3』から3年後の時代設定。

    ・『Uncharted 4』の導入部、ドレイクはエレナと幸せな日々を送っている。そこへ新キャラクターである自分の兄弟サムが現れた。

    ・ドレイクはサムが死んだと思っていた。

    ・サムはHery Averyの秘宝を命がけで探していた。

    ・ドレイクはサムに恩義を感じ、トレジャーハントを再開するのに我慢できなくなる。

    ・ドレイクとサムは、Libertaliaと呼ばれる、海賊によって発見された神秘的なマダガスカルの植民地へと向かう。

    ・ゲームの舞台は島だけでなく、雪に覆われた土地や都市部も存在。

    ・2人のライバルトレジャーハンター、RafeとNadine。

    ・Rafeはドレイクと全く異なる考えと手段を持ったトレジャーハンター。

    ・Nadineは南アフリカの民間軍事会社を運営している。

    ・今作では悪役が重要な役を演じる。

    ・前作でネイサンを突き動かしていたものこそが、長い間彼の人生でサムの存在が希薄だった理由。

    ・サムはドレイクより5つ年上。

    ・エレナとサリーも登場。

    ・サムはドレイクよりも無鉄砲。

    ・サムはドレイクのことを「何でもうまくやる弟」として妬んでいる。

    ・2人は常に対立する。

    ・Naughty Dogはドレイクとサムの過去を話したがらない。

    ・収集可能なArtifactは、さらなる財宝やArtifactにつながるメモを含んでいることがある。

    ・敵を崖から蹴落とす際に足をつかまれる。

    ・ロープやピトン(金属製くさび)以外にも道具が存在するが、まだ公開できない。

    ・そうした道具を謎解き要素に組み込みたい。

    ・ゲームプレイデモに新たなシーンが加わった延長版が見られた。

    ・ドレイクが疲れ果ててサムがのんびりしているシーン。Averyの秘密が存在するかについて口論がはじまり、たまたまドレイクが何かを見つけて調べてみると、群葉の背後に刻印の入った灰色のモニュメントが現れる。

    ・ここではナビゲーションの自由度に重点が置かれていた。

    ・複数の道筋が示され、ある時は追加の洞窟が見つかり、ある時は敵の集団をやり過ごせたりする。

    ・探せば多数のサイドストーリーに出会える。

    ・デモではドレイクがさらに危険な崖のぼりルートを選び、海に落下しそうになる。

    ・すべてのルートには結果が用意され、正解はない。

    ・作り直されたAIシステム。

    ・サムを『The Last of Us』のエリーと比べると、彼は大人のトレジャーハンターでありエリーよりもはるかに強い。

    ・「ネイサン・ドレイクのような能力を持った誰かと一緒にいる状況に挑戦」しようとしている。

    ・本作がドレイク最後の冒険になるか、はっきりした答えは出せない。

    ・今作でもユーモアはたっぷりある。

    ・セットピースのコンセプトは「我々が予想を切り替えるために効果的なものは何か、どうやってそれをエモーショナルに変えられるか?」ということ。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:3』 メディア体験会ハンズオン…『バイオハザード RE:2』とは異なる方向性のリメイク作に

    『バイオハザード RE:3』 メディア体験会ハンズオン…『バイオハザード RE:2』とは異なる方向性のリメイク作に

  2. 『バイオハザード レジスタンス』メディア体験会レポ…βテストを経てさらに洗練された非対称オンライン対戦タイトル

    『バイオハザード レジスタンス』メディア体験会レポ…βテストを経てさらに洗練された非対称オンライン対戦タイトル

  3. 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』開発者インタビュー…「脱出」が共通のテーマとなる両作の秘密に迫る

    『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』開発者インタビュー…「脱出」が共通のテーマとなる両作の秘密に迫る

  4. 「Xbox Series X」のさらなる詳細を公開!次世代のゲームに期待できることは?

  5. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  6. 『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』国内PS4/スイッチ版公式サイトがオープン!吹き替えキャスト情報も

  7. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  8. XB1版『サイバーパンク2077』購入者は追加購入なしでXSX版へのアップグレードが利用可能に

  9. 対戦STGバトル『シナプティック・ドライブ』Steam/スイッチ5月28日発売決定! スイッチ向けにはパッケージ版も─『カスタムロボ』見城こうじ氏最新作

  10. 『バイオハザード レジスタンス』新たに「アレックス・ウェスカー」「オズウェル・E・スペンサー」が登場!並外れた頭脳でサバイバーを追い詰める

アクセスランキングをもっと見る

page top