InXile、名作3DダンジョンRPG続編『The Bard's Tale IV』発表、27年ぶりの新作開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

InXile、名作3DダンジョンRPG続編『The Bard's Tale IV』発表、27年ぶりの新作開発

『Wasteland』や『Planescape:Torment』などInterplay時代の名作を復活させているBrian Fargo氏。同氏は、米国テキサスで開催されたイベントPAX Southにて、名作RPGの27年ぶりの続編となる『The Bard's Tale IV』を発表しました。

ニュース 発表
InXile、名作3DダンジョンRPG続編『The Bard's Tale IV』発表、27年ぶりの新作開発
  • InXile、名作3DダンジョンRPG続編『The Bard's Tale IV』発表、27年ぶりの新作開発
  • InXile、名作3DダンジョンRPG続編『The Bard's Tale IV』発表、27年ぶりの新作開発

『Wasteland』や『Planescape:Torment』などInterplay時代の名作を復活させているBrian Fargo氏。同氏は、米国テキサスで開催されたイベントPAX Southにて、名作RPGの27年ぶりの続編となる『The Bard's Tale IV』を発表しました。

『The Bard's Tale』シリーズは、Brian Fargo氏が設立したInterplay Productions(現Interplay Entertainment)が開発し、1985年に1作目が発売された3DダンジョンRPG。1988年に発売された『The Bard's Tale III: Thief of Fate』以来、27年の続編開発となります。開発は『Wasteland 2』などと同様にBrian Fargo氏率いるInXile Entertainmentが担当します。

現時点で判明している『The Bard's Tale IV』の内容は、Skara Braeという町(本シリーズは『Ultima』や『Wizardry』とつながりがあることでも知られている。元々はスコットランドの実在する遺跡の名前)が舞台となること。そして、方眼紙を用いた古臭い3DダンジョンRPGや、『Wasteland 2』のように元の作品を忠実に再現するのではなく、ジャンルの近代化をはかることを伝えています。

『The Bard's Tale』シリーズ30周年の節目に発表された続編『The Bard's Tale IV』。今後Kickstarterにてプロジェクトを始動し、資金を集めるとのこと。古のRPGがどのように生まれ変わるのか、注目が寄せられます。

*記事初出時、『The Bard's Tale III: Thief of Fate』1998年と記述しておりましたが、正しくは1988年となります。訂正してお詫びいたします。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  2. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

  5. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  9. 『World War Z』開発スタジオ、『Days Gone』向けマルチプレイ要素の開発支援を提案していた

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

1
page top