海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター

宇宙船を設計し、宇宙開発を行っていくサンドボックスゲーム『Kerbal Space Program』。海外ファンが宇宙船遠隔制御装置さながらのコントローラーを制作し、話題になっています。

PC Windows
海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター
  • 海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター
  • 海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター
  • 海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター
  • 海外ファンが『Kerbal Space Program』用の制御装置を制作、気分は宇宙船オペレーター

宇宙船を設計し、宇宙開発を行っていくサンドボックスゲーム『Kerbal Space Program』。海外ファンが宇宙船遠隔制御装置さながらのコントローラーを制作し、話題になっています。

Retex Aboxを使用して制作されているコントローラー。本機は上部プレートが3Dプリンタで設計され、多数のLEDボタン、ジョイスティック、ゲームと連動した燃料メーターなどを備えており、まるで宇宙発射基地の制御室にあるような装置に仕上がっています。


本機は海外ファンのKegan Holtzhausen氏が制作しているもので、まだ未完成状態。現在はゲームと連動した燃料メーターをテストしているとのことです。完成した制御装置でロケット打ち上げなどの様々なミッションを行う姿を想像すると、かなりワクワクしてきますね。

本制御装置は『Kerbal Space Program』の公式フォーラムにて、制作状況を伝えています。興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。



《水京》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』トールビョーンのアビリティが一部変更に―その他ヒーローの調整も予定

    『オーバーウォッチ』トールビョーンのアビリティが一部変更に―その他ヒーローの調整も予定

  2. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

    現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  3. 最恐ホラー『Amnesia: The Dark Descent』に「ハードモード」が近日登場!

    最恐ホラー『Amnesia: The Dark Descent』に「ハードモード」が近日登場!

  4. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  5. FPS+RTSの戦略的アクションシューター『Eximius: Seize the Frontline』が近日登場!

  6. 『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

  7. PC版『デビル メイ クライ 5』Steamにて予約販売開始!動作環境の情報を公開

  8. ローグライクなホームレスサバイバル『CHANGE』早期アクセス開始! あなたならどうする?

  9. 『Dead by Daylight』待望の日本テーマDLC「断絶した血脈」配信開始―1週間無料体験と50%オフセールも同時開催

  10. DMM GAMESから『キングダムカム・デリバランス』日本語版が発表!『DEATHGARDEN』などと共にTGS 2018に出展

アクセスランキングをもっと見る

page top