Daybreak、『EverQuest』エミュレートサーバーと契約締結―非営利活動として承認へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Daybreak、『EverQuest』エミュレートサーバーと契約締結―非営利活動として承認へ

1999年にサービスが開始され、今なお続く老舗MMORPG『EverQuest』。開発/運営元のDaybreak Game Company(旧 SOE)は、ファンが運営する本作のエミュレートサーバー「Project 1999」と正式に契約を締結し、非営利活動として認めると発表しました。

ニュース 発表
Daybreak、『EverQuest』エミュレートサーバーと契約締結―非営利活動として承認へ
  • Daybreak、『EverQuest』エミュレートサーバーと契約締結―非営利活動として承認へ
  • Daybreak、『EverQuest』エミュレートサーバーと契約締結―非営利活動として承認へ

1999年にサービスが開始され、今なお続く老舗MMORPG『EverQuest』。開発/運営元のDaybreak Game Company(旧 SOE)は、ファンが運営する本作のエミュレートサーバー「Project 1999」と正式に契約を締結し、非営利活動として認めると発表しました。

「Project 1999」は『EverQuest』の第1弾拡張パック「The Ruins of Kunark」までを再現するエミュレートサーバー。サービス初期の本作を楽しめるサーバーとして、ファンの間で密かに親しまれていました。

今回の発表は、Daybreakと「Project 1999」がそれぞれのサイト上で行ったもの。発表では、契約締結で運営ガイドラインが確立され、「Project 1999」が法的な影響を受けずにゲームを更新し続けることができると伝えています。


また、今回の契約締結を受けて公式サービスを予定している新たなプログレッションサーバーとの競合を避けるために、「Project 1999」で予定していた拡張パック第2弾「The Scars of Velious」の実装を8月まで延長するとのことです。

エミュレーションプロジェクトの正式承認は、ゲーム業界で非常にユニークな出来事。元来エミュレートサーバーは海賊行為として公に認められるものではなく、2012年にはNC SoftのMMORPG『Aion』のエミュレートサーバーの運営者が摘発されています。

一方で北米では昨今、EFFによる「終了したオンラインゲームの権利を開放すべきだ」という主張を基に論争を生んでおり、今回の決定はそうした論争に一石を投じるかもしれません。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ラスアス2』がGOTY獲得!「Golden Joystick Awards 2020」受賞作品リスト

    『ラスアス2』がGOTY獲得!「Golden Joystick Awards 2020」受賞作品リスト

  2. 『アクション対魔忍』Steam人気ゲーム入り、Steam2020年10月度トップリリース発表

    『アクション対魔忍』Steam人気ゲーム入り、Steam2020年10月度トップリリース発表

  3. 「どこで売られるか、発表される前から把握している」PS5を約3,500台買い占めさせた海外転売支援グループ運営者が海外インタビューで語る

    「どこで売られるか、発表される前から把握している」PS5を約3,500台買い占めさせた海外転売支援グループ運営者が海外インタビューで語る

  4. スクエニが在宅勤務制度を12月1日より正式導入―2方式のハイブリッド体制で柔軟な働き方と業務管理を両立

  5. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  6. 夢のマイホーム建築シム『Dreamhouse: The Game』発表! VRにも対応

  7. GOTYは『SEKIRO』が獲得! 2019年「Steamアワード」受賞作品発表―ウィンターセールも終了間近

  8. カプコンによる画面一体型ゲーム機『RETRO STATION』発売か? 日本Amazonに商品ページが一時掲載【UPDATE】

  9. 戦略SLG『大戦略』間もなくシリーズ35周年!これまでの歴史がわかる年表付きのポータルサイト公開

  10. AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

アクセスランキングをもっと見る

page top