10年ぶりのRTSシリーズ最新作『Cossacks 3』発表―最大8000ユニットの大規模戦再び | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

10年ぶりのRTSシリーズ最新作『Cossacks 3』発表―最大8000ユニットの大規模戦再び

2012年の閉鎖騒動を経て、2014年末に再始動が発表されたウクライナのデベロッパーGSC Game World。同社は、10年ぶりとなる人気RTSシリーズ最新作『Cossacks 3』の存在を明らかにしました。

ニュース 発表
10年ぶりのRTSシリーズ最新作『Cossacks 3』発表―最大8000ユニットの大規模戦再び
  • 10年ぶりのRTSシリーズ最新作『Cossacks 3』発表―最大8000ユニットの大規模戦再び
2012年の閉鎖騒動を経て、2014年末に再始動が発表されたウクライナのデベロッパーGSC Game World。同社は、10年ぶりとなる人気RTSシリーズ最新作『Cossacks 3』の存在を明らかにしました。

これは海外メディアPolygonが実施した、GSC Game Worldの創設者Sergei Grigorovich氏とEvgeniy Grigorovich氏、そして同社広報ディレクターValentine Yeltyshev氏のインタビューで明らかになったもの。

『Cossacks』シリーズは17世紀から18世紀を舞台としたRTSタイトル。2001年に発売された初代作品『Cossacks: European Wars』は、個々のユニットが隊列を組み部隊を編成するシステムや、最大で8000ユニットが登場する大規模戦闘が話題となり、2005年に発売された『Cossacks II: Napoleonic Wars』では最大64000ユニットが登場する作品へと進化を遂げています。

今回発表された『Cossacks 3』は、人気だった初代作品をリメイク。初代のゲームプレイ経験を軸にグラフィックと新たな物語が加えられ、当時経験することが出来なかった年齢層に対して、古典的なRTSのゲームプレイを提供していくとのこと。

プレイアブル勢力はフランス、イギリス、ロシア、ウクライナ、プロイセン/オーストリアなど12カ国を用意。それぞれに特徴的な勢力構造をもっています。5つのヒストリカルキャンペーンを含むシングルモードに加え、最大7人のマルチプレイヤーモードを搭載。マップの自動生成や個性的なAIが対戦を彩ります。

また、開発チームが実際にゲーム開発に使用したツールを含むMOD開発ツールの配布も予定。このツールは実質的にゲームを1から再構築できる強力なもので、ゲームの微調整の他、ゴブリンやオークが登場する全く新しいゲームを作ることも出来ると伝えています。

『Cossacks 3』はWindows/Mac/Linuxを対象に2015年内のリリースを予定。リリース後はプレイアブル勢力を20まで拡張し、8000を超えるユニット数をサポートする計画があることが明らかになっています。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  2. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  3. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  6. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  7. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top