『LoL』チャットハラスを自動処罰する新システム、欧州でテスト運用開始―15分以内にBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『LoL』チャットハラスを自動処罰する新システム、欧州でテスト運用開始―15分以内にBAN

Riot Gamesが贈るMOBAタイトル『League of Legends』。本作欧州サーバーにて、チャットハラスメントを迅速に処罰する新システムのテスト運用が開始されました。

PC Windows
『LoL』チャットハラスを自動処罰する新システム、欧州でテスト運用開始―15分以内にBAN
  • 『LoL』チャットハラスを自動処罰する新システム、欧州でテスト運用開始―15分以内にBAN
Riot Gamesが贈るMOBAタイトル『League of Legends』。本作欧州サーバーにて、チャットハラスメントを迅速に処罰する新システムのテスト運用が開始されました。

この新システムは、同性愛嫌悪、人種差別、性差別、死を暗示させる脅迫といった「Verbal Harassment(言葉の嫌がらせ)」対策として導入されたもの。プレイヤーの問題行動が報告されると即座にフィードバックシステムが判別し、ゲーム終了後15分以内に2週間もしくは永続的なBAN処分が下されます。具体的な処罰の流れは以下になります。
    1.問題のあるプレイヤーのチームメイトや対戦相手がレポートを送信すると、システムは虚偽報告でないかを検証

    2.システムは過去のケースを調べ、行動がコミュニティスタンダードに基づいて処罰に値するかを判断

    3.その後、問題のプレイヤーに問題行動のチャットログと処罰内容が記された「Reform Card」がメールを介して送信

テストでは最初の数千ケースをシステムと照らし合わせて手動での検証を実施。Riot Gamesは、順調にテストが進めば、フィードバックシステムを他の地域でも展開していくと伝えています。また、迅速な処罰を実現する本システムは今後のアップデートで「Feedingなどのネガティブゲームプレイの判別」、BANより軽微な処罰である「チャットやランクマッチの制限」といった機能の追加が検討されています。
《水京》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか

    『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか

  2. 2DローグライクACT『Neon Abyss』が配信開始! 進化するダンジョンを探索して奈落の底へ潜れ

    2DローグライクACT『Neon Abyss』が配信開始! 進化するダンジョンを探索して奈落の底へ潜れ

  3. PC版『DEATH STRANDING』Steam/Epic Gamesストアにて配信開始!

    PC版『DEATH STRANDING』Steam/Epic Gamesストアにて配信開始!

  4. 『ファークライ6』ナラティブディレクターが世界観について明かす―キューバの元ゲリラとの出会いに触発

  5. 『オーバーウォッチ』で「シグマのマエストロ・チャレンジ」が開始! 音楽を奏で、そして闘え

  6. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』TU 2.1.0は7月15日18時配信―PC版ファイルサイズは16.79GB

  7. 宇宙MMO『EVE Online』PvPフィールドに大規模な変更を加える新アップデート「Zenith」配信開始

  8. 『PUBG』シーズン8にリメイクされたSanhookが登場! アップデート8.1公開

  9. ディーゼルパンク歩行兵器RTS『Iron Harvest』ラスヴィエト派閥紹介トレイラー公開

  10. 『VALORANT』「エルダーフレイム」スキンの制作経緯公開―武器スキンの限界に挑戦…

アクセスランキングをもっと見る

page top