【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか 3ページ目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか

吉田氏が始めてオンラインゲームに触れた話から、『FFXIV』建て直しの秘話、そして初心者・未経験者に向けた魅力を吉田氏の言葉でお届けします。

PC Windows
【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
  • 【インタビュー】開発チームと吉田直樹は何を考え『ファイナルファンタジーXIV』をFFたらしめたのか
◆『蒼天のイシュガルト』はシーズン2である


――それでは『蒼天のイシュガルド』の話題に移します。リリースを間近にひかえての心境はいかがでしょうか。

吉田:今回は開発期間に対して、詰め込んだボリュームが多かったので、ほっとしています。充実感などはまだ無く、やはりアーリーアクセスや正式サービス時の混雑など、蓋を開けてみなければわからない部分に、どう上手く対応していくかを考えています。PRも佳境に入っていますし、心境を考えるほど余裕がないです(笑)

――ちょっと余談ですが、自分で「自分はFFをこのくらい愛してる」などと考えたりすることはありますか?

吉田:特にないです(笑)。量で推し量るものではないと思いますし、僕はあまり自分と他人を比較するタイプではないので……。でもこの5年、生活の大部分をFFXIVに捧げていますので、それがすべてかなと。どちらかというと制作スタッフに聞いていただいた方が、客観的な回答が出るかもしれません。基本的にモノを作っているのは好きですし、それしかできないとも思っているので、苦に思うこともあんまりないんです。生活のほとんどがFFXIVの制作ですからね。

――寝る、食う、FFXIV、みたいな。

吉田:そうですね。やはり定量的なものでもないと思うので。

――では、いまだ本作を手に取っていないプレイヤーたちに向けて『ファイナルファンタジーXIV』の魅力についてあらためてお聞かせください。

吉田:『蒼天のイシュガルド』はこういうところがウリで……というのは簡単なのですが、『FFXIV』自体をまだ手には取っていただけていないみなさんへ向けてそういうお話をしても、きっとなかなかピンとこないと思います。『蒼天のイシュガルド』のリリースで、最初に盛り上がってくれるのは、今遊んでくれている方たちや、しばらく休んでいたけど復帰してくださる方たちだと思いますので、そうした人たちが楽しんでいる姿やTVCMなどを見て、気になったらぜひ始めてみてもらえれば嬉しいです。



『蒼天のイシュガルド』は、TVドラマにたとえるなら“シーズン2”のようなものです。“シーズン1”である『新生エオルゼア』とセットになっているお得なコレクターズパックも同時にリリースしますし、『蒼天のイシュガルド』を機に、『新生エオルゼア』の範囲を調整し、さらに遊びやすくしています。ストーリーさえ追っていけば、これまでの半分くらいの時間でレベル50までサクサクとゲームが進むので、ぜひお試しください。

――それは休止しているプレイヤーにも嬉しい情報ですね。

吉田:とにかくストーリーさえ楽しんでいただければ、レベルも装備もかなりのところまで整うバランスになっていますので、気おくれすることもないと思います。ベテランの皆さんに追いついて、一緒に盛り上がっていただけると思います。

――これから始めるプレイヤーに向けて、オススメのジョブがありましたら教えてください。

吉田:新規の方にこそ“タンク”をやってみてほしいです。(編注:タンク:打たれ弱い後衛などを守るため、敵の注意を引きつけて攻撃を一手に引き受ける“盾役”の総称)本作におけるメジャーなタンク職はナイトで、扱いやすい技が揃っています。ネットの情報だと「責任が重い」とも言われるのですが、あまり先入観を持たない方が実はすんなり入れると思っています。タンクがプレイできるなら、どのジョブでもプレイできるようになると思いますし。ちょっと触って、気軽にストーリーを楽しみたいという方は、幻術士から白魔道士になるのもオススメです。ヒーラーはちやほやしてもらいやすいですしね(笑)。

魔法を使いたい方は呪術士から黒魔道士に。遠距離攻撃であるがゆえに敵の側面にまわりこんで……というような要素が薄く、シンプルで分かりやすいです。戦闘で困ったらスリプルで眠らせてしまうのも手です。『ファイナルファンタジー』らしいかっこよさを追求するなら竜騎士でしょうか。ナイト、竜騎士、白魔道士、黒魔道士。この4ジョブは、特に『ファイナルファンタジー』らしさが感じられやすいと思いますので、これからプレイを検討されている方にお勧めです。

――吉田さんは、どのジョブで遊ばれているのですか?

吉田:僕のメインは黒魔道士です。よくプロデューサーレターLIVE(編注:吉田氏が直々に本作の最新情報を発信する、インターネットストリーミング放送)でもプレイしたりするので、気になる方はそちらもご覧ください。また、最初にもお話ししましたが、これからプレイされる方には”オンラインゲーム”だということを忘れていただいた方が、すんなりゲームに入れると思いますので、どうぞお気軽にプレイしてみてください。



――それでは最後に、まだ本作を手にとっていないプレイヤーたちに向けてメッセージをお願いします。

吉田:「『ファイナルファンタジーXIV』ってどんなゲームなんだろう」と調べてみて“ギスギス”という単語が目に入って尻込みされてしまった方もおられるのではないでしょうか。僕がいくら「オンラインゲームであることを忘れてください」とお願いしても、本作はMMORPGというジャンルのゲームなので、「最終的には人と遊ぶところに楽しみを見出すゲーム」です。人と人が集まって何かする以上、そうした事態が起こってしまうこともあるのはゲームだけでなく現実でも同じだと思いますから、あまり気になさらずお手に取っていただけると嬉しいです。見方を変えるなら、今それだけ真剣になれるゲームってなかなかないと思いますし。



また、繰り返しになってしまいますが、ゲーム序盤は極めて遊びやすくしています。無料で遊べるフリートライアルはレベル20まで上げられるうえ、旅立ちからイフリートの討伐までという『ファイナルファンタジー』の王道的展開を楽しめます。

MMORPGとはどんなものなのか、MMORPGになると『ファイナルファンタジー』らしさは失われてしまうのか……興味を持ってくださったなら、ぜひフリートライアルを遊んでみてください。そのうえで「あ、いけるかも」と思っていただけたなら、パッケージの購入も検討していただけると嬉しいです!

――ありがとうございました。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

    【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

  2. 『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

    『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

  3. 週末セール情報ひとまとめ『No Man's Sky』『Fallout 4 VR』『WRECKFEST』『Shadow of the Tomb Raider』他

    週末セール情報ひとまとめ『No Man's Sky』『Fallout 4 VR』『WRECKFEST』『Shadow of the Tomb Raider』他

  4. 人気レースシリーズ新作『GRID』配信開始―誰もが楽しめる唯一無二のレーシング体験を

  5. 『PAYDAY』開発者の新作Co-opシューター『GTFO』最新プレイ映像が近日公開! シネマティックティーザー披露

  6. 海外美少女恋愛シムRPG『Love Esquire』配信―あの娘の心を掴むため、いざ自身を鍛え上げろ

  7. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  8. Epic Gamesストアで『Surviving Mars』期間限定無料配布!次回は『Alan Wake’s American Nightmare』&『>observer_』

  9. 伏見稲荷を散策できるウォーキングシム『Explore Fushimi Inari』Steam配信開始! VR版も用意

  10. 『ストリートファイターV』新キャラ・新コンテンツの情報を11月と12月に公開予定―全キャラ対象の無料DLC「スポーツウェア」は12月配信

アクセスランキングをもっと見る

page top