【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった

E3 2015で一気に攻勢に出た感のあるOculus VR。会場でもGear VRの一般展示に加えて、Oculus Riftのクロースドブースが設置され、製品版(CV1)とともに、9本のデモが披露されました。筆者もスペースシューティング『EVE: Valkyrie』(CCP)を体験できました。

ゲーム機 技術
【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった
  • 【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった
  • 【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった
  • 【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった
  • 【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった
  • 【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった
  • 【E3 2015】Oculus Rift製品版と『EVE: Valkyrie』で未知の空間体験をを味わった

おとなしかったGDC2015に比べて、直前に開催されたプライベートイベントをはじめ、E3 2015で一気に攻勢に出た感のあるOculus VR。会場でもGear VRの一般展示に加えて、Oculus Riftのクロースドブースが設置され、製品版(CV1)とともに、9本のデモが披露されました。筆者もスペースシューティング『EVE: Valkyrie』(CCP)を体験できました。

『EVE: Valkyrie』はMMORPG『EVE Online』と世界観を共にしたスピンアウトタイトルとでもいうべきもので、Oculus RiftのDK1向けにデモとして制作され、E3 2013で公開されました。実は筆者にとって初めて体験したOculus Riftのデモであり、その圧倒的な没入感と、360度広がる宇宙空間の中を、頭をぐるぐる動かしながら敵機をおいかける臨場感に、VRゲームの大きな可能性を感じたことを覚えています。


E3 2015ではその『EVE: Valkyrie』がCV1向けに正統進化していました。デモの内容はほぼ同じで、宇宙基地から発進し、巨大戦艦が交錯する戦場内を、敵機を追いかけながら機銃とミサイルで撃破していくというものです。操作方法は一般的なフライトアクションと同じで、プレイ時間は体感で5分から10分程度となっており、時間が来たら強制終了。ただし設定は同じでも別モノといっていいほどの進化を遂げていました。

まずは解像度の上昇がもたらした描写力の向上です。DK1の液晶は1280×800で、ピクセルがはっきりわかりましたが、CV1では非常になめらかになっていました(スペックは非公開ですが推定で2560×1440)。この恩恵を大きく受けたのがHUD類で、コクピットの描写に溶け込むように、自然な形で数値やレーダー類が表示されていました。DK1では数値すら表示するのが困難なレベルでしたから、隔世の感があります。


また下を向くと自分の体が表示され、操縦桿を握る両手やペダルを踏む両足も視認できました。コントローラにはXbox Oneのものが使用され、操作に応じて操縦桿なども追随する仕組みです。本作のようにVR空間の中に入り込むようなコンテンツの場合、自分の体が視認できるか否かは、快適性の実現において大きな意味を持ちます。これが可能になったのも解像度の向上と大きな関係があります。

立体視も非常に効果的に機能していました。バックの宇宙空間に対して、コクピットのフレームが立体視で浮き上がり、視認性と快適性が向上。レーダーも機体の水平面に対して敵機の上下関係が立体的に表示されており、驚かされました。立体視には左右別々の映像をレンダリングする必要があり、単純計算で2倍の描画負荷がかかります。まさにスペックが年々上昇し続けるPCならではの表現だと感じました。


CV1の装着感などについても補足しておきましょう。筆者が体験したDK1・DK2と比べて、外観がより洗練されており、ポジショントラッキング向けのマーカーも目立たなくなっていました。筆者は眼鏡をかけていますが、眼鏡越しの装着も可能でした。本体も軽く、装着して疲れるようなことはありませんでした。ただ、しっかり固定するために眼鏡の鼻あてが顔に押しつけられ、少し痛くなったのも事実です。

ともあれ、フライトシューティングのように遠景と近景がハッキリしているゲームは、VR酔いをおこしにくいため、VRゲームに向いた題材です(一方でゲーム中、戦艦に接触して視界が急に変化したときは、軽い不快感を覚えましたが、これは開発段階における配慮で対応できそうです)。近い将来このジャンルのゲームは、すべてVRゲームになるのではないか・・・そのように感じさせる内容でした。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

    PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

  2. アクティブノイズキャンセリング機能搭載「Razer Hammerhead USB-C ANC」が4月26日に発売

    アクティブノイズキャンセリング機能搭載「Razer Hammerhead USB-C ANC」が4月26日に発売

  3. ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円

    ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円

  4. VRアニメ『狼と香辛料VR』2019年6月3日に発売決定!

  5. 開発担当者、海外メディアでPS次世代機について言及―SIE公式アカウントもリツイート

  6. VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい

  7. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  8. NVIDIA、Pascal世代GeForce GPUのリアルタイムレイトレーシングに対応する425.31WHQLドライバー配信

  9. Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売

  10. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top