ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品

ピグミースタジオと日本人マルチメディア・アーティストのBaiyon氏は、PS4/PS Vitaソフト『MUSE: Together Is the New Alone』を、「BitSummit 2015」にて発表しました。

家庭用ゲーム PS4
ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品
  • ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品
  • ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品
  • ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品
  • ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品
  • ピグミースタジオ、『MUSE: Together Is the New Alone』を発表…Baiyon氏の初ディレクション作品
ピグミースタジオと日本人マルチメディア・アーティストのBaiyon氏は、PS4/PS Vitaソフト『MUSE: Together Is the New Alone』を、「BitSummit 2015」にて発表しました。



Baiyon氏は、『リトルビックプラネット2』のサウンドなどに携わっており、また2008年に世界最大のゲームカンファレンス「GDC」で行なわれた「Independent Games Festival Awards」3部門、「GDC Choice Awards」1部門と、国産タイトルとしての初ノミネートにして4部門という快挙を成し遂げた『PixelJunk Eden』のアート、サウンドディレクターとしても知られています。『MUSE: Together Is the New Alone』では、アートやサウンドのみならず、ゲームディレクションも担当。



本作のテーマは「片想い」。「ドット絵と水彩画」をミックスした独特なビジュアルと、メランコリックでトリッピーなサウンドが特徴となる、個性的なアドベンチャーアドベンチャーゲームです。ノスタルジックな世界とサウンドに彩られたショートフィルムのような本作は、魅惑的な数々の街や風景、そこに住む人々などが、インスピレーションを刺激する不思議な世界へと誘ってくれます。

■ストーリー

小さい街はずれの部屋のベッドで、少女は永遠に眠ったまま…

ある日、少年は少女がしたかった事や行きたかった場所を書き留めていた事を発見。少年はいつか彼女が目を覚ます事を信じて、彼女の代わりにその場所を訪れることを決意する。


◆開発者メッセージ
■Game Director:Baiyon氏
「今回、様々なビデオゲームにアート、サウンドディレクションや、楽曲提供という形で関わって来た僕が、長い時間をかけて構想を練った初ゲームディレクションタイトル「MUSE: Together Is the New Alone」を発表する事になりました。

サウンドに始まり、ビジュアルやデザインに重きを置いたマルチメディアの作品を発表して来ましたが、それと同時に30歳を超えた時からノスタルジーと共に心象風景に入り込むことが出来るような恋愛、愛をテーマにしたビデオゲームを創りたいとずっと思っていました。それは自分自身が順調に年を取っていっているからなのかは解りませんが、より自分の内面にある物を、クリエイトしたいと思うようになったからかもしれません。

自分自身の大きなテーマの一つとして、デジタルというゲームの理屈の中に、どのように人間らしい不完全さや、ゆらぎの美しさを入れるかという想いがありますが、その想いは音楽にも、ビジュアルにもストーリーにも至ります。

MUSEの中に出てくる人々や動物達は日々何かに悩み、自分の居場所を探します。そして、私がゲームの中で感じてきたことや、日常で好きな風景、ノスタルジーを感じる風景をたくさん詰め込んでいます。また、今回の作品ではドット画を使い、自分自身のルーツである90年代に代表する一風変わった日本のゲームに対して正面から向き合おうと思っています。

■Producer:小清水 史氏
「私がプロデューサーを務める『野犬のロデム 』『LA-MULANA EX』『ボコスカウォーズ2』の発表の間に、じっくりと水面化にて進めておりました、このBaiyon氏の新作をようやく発表できてとても嬉しく思います。今回の作品のポイントは、サウンドとアートを中心に活動してきた彼が、沢山のインスピレーションを受けてきたゲームへの恩返しがしたいと、そのLOVEをゲームに注入すべく新領域に挑戦している点です。マルチメディア・アーティストが手掛ける、ならではの世界に期待してください。



MUSE: Together Is the New Alone』は、2016年配信予定です。

(C)2007-2015 PYGMY STUDIO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

記事提供元: インサイド
《インサイド》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

    『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

  2. 『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

    『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

  3. 『FF7 リバース』を遊ぶ前に“お得”を見逃すな! 特典アイテムのゲットなど、今からでも間に合う準備アレコレ─2月28日までのお得なDL版販売も

    『FF7 リバース』を遊ぶ前に“お得”を見逃すな! 特典アイテムのゲットなど、今からでも間に合う準備アレコレ─2月28日までのお得なDL版販売も

  4. PS3向けシステムソフトウェアアップデート「4.91」が配信―動作の安定性改善を目的とした1年ぶりの更新

  5. 大好評のポーカーローグライク『Balatro』突然のレーティング変更で一部の海外ストアで販売停止に

  6. 『Rise of the Ronin』武器・流派紹介の8映像公開―組合せで戦闘スタイルや敵との相性も変化!

  7. 本格タクティクスRPG『ゴブリンスレイヤー -ANOTHER ADVENTURER- NIGHTMARE FEAST』リリースー短期間キャンペーンも開催

  8. 『FF7リバース』クラウドの声は櫻井孝宏さん続投か?新映像の“聞きなれたボイス”にファン安堵

  9. 『FF7 リバース』のカードゲーム「クイーンズ・ブラッド」をスルーなんてもったいない! 陣地の奪い合いとヒリつく戦略で、本編が疎かになる面白さ

  10. 『FF7リバース』は前作未プレイでも大丈夫!開発者コメントで「フォロー要素の存在」を明言

アクセスランキングをもっと見る

page top