初代『Serious Sam』のシークレットが14年越しで解明される!―「Sacred Yards」を不殺でクリア | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初代『Serious Sam』のシークレットが14年越しで解明される!―「Sacred Yards」を不殺でクリア

撃ちまくりバカゲーとして名高いCroteamの『Serious Sam』シリーズですが、2001年に発売された第一作目『Serious Sam: The First Encounter』のシークレットが14年越しで解明されました。

ゲーム文化 レトロゲーム
初代『Serious Sam』のシークレットが14年越しで解明される!―「Sacred Yards」を不殺でクリア
  • 初代『Serious Sam』のシークレットが14年越しで解明される!―「Sacred Yards」を不殺でクリア

撃ちまくりバカゲーとして名高いCroteamの『Serious Sam』シリーズですが、2001年に発売された第一作目『Serious Sam: The First Encounter』のシークレットが14年越しで解明されました。


2012年に発見されたDiscy89氏の手順

このシークレットは隠しマップの“Sacred Yards”に存在しており、2012年にヘビーユーザーのDiscy89氏によって初めて存在が確認。しかしながら、バグ的に見つかったために完全な手順とはならず、「一部のセクションをスキップできる」という認識にとどまりました。


2014年に発見されたSolaisYosei氏の手順

2014年、別のユーザーSolaisYosei氏が新たな手順を発見し、敵を一体も倒さずにクリアできることが判明しました。ただ、これも完全ではなく、真の手順は今年に入ってから明らかとなります。最近、デザイナーとしてCroteamに入社したSolaisYosei氏は、本作の開発当時にデザインリードであったRoman Ribaric氏(Croteam現CEO)から話を聞くことができ、遂に正確な手順が解明されたのです。


14年越しで解明された手順

実はこのシークレットは2001年にゲームとともにリリースされたエディタを使用すれば、どのような仕組みで動いているかが分かるのですが(SolaisYosei氏も最終的にレベルエディターを使用して解明)、ゲーム内のシークレットリストにも記載されていないシークレットであったためか、誰も“Sacred Yards”の中身を覗こうとしなかったようです。


特に意味は無いが、スペースを埋めるために「カミカゼ」の登場シーン

非常に難解で敵を全く殺さないという、『Serious Sam』のゲームプレイとは全く異質のシークレット。ある意味ではCroteamが2014年にリリースした一人称視点パズル『The Talos Principle』の原型とも言えるかもしれません……。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  2. 「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

    「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

  3. 俯瞰視点クライムアクション『American Fugitive』配信開始!「正義が合法とは限らない」

    俯瞰視点クライムアクション『American Fugitive』配信開始!「正義が合法とは限らない」

  4. Tfueが所属チームFaZeを訴える―劣悪な労働契約を主張もチーム側は全面否定

  5. DLC4弾のストーリー概要も明かされた「ACECOMBAT 極上爆音 FAN MEETING」…「映画にしたほうがいいのでは」発言には拍手喝采!

  6. PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

  7. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  8. 『Dead by Daylight』3周年を記念した“最大の”ライブストリームが日本時間6月1日より配信決定

  9. 『デビル メイ クライ 5』伝説の悪魔狩人「ダンテ」アクションフィギュアが予約開始

  10. 『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―"これはバグじゃないよ"リストが公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top