Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN

『League of Legends』のライブストリーミングなどで人気を博しているTwitchのストリーマーTrick2g氏が、24時間のライブイベント後にTwitchよりBANされ、様々なコミュニティで波紋を呼んでいます。

ゲーム文化 カルチャー
Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN
  • Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN

League of Legends』のライブストリーミングなどで人気を博しているTwitchのストリーマーTrick2g氏が、24時間のライブイベント後にTwitchよりBANされ、様々なコミュニティで波紋を呼んでいます。

Trick2g氏による24時間のライブ配信イベントは、80万フォロワーを記念して行われたもの。イベントでは様々な催しが行われていましたが、ライブ配信の最後に偽のSWAT隊員が突入して終了するという演出が行われました。

このライブ配信後にTwitchは「利用規約違反」としてTrick2g氏のアカウントにBAN処置を実施。実際に配信中のどの部分が利用規約に抵触していたのかは定かではありませんが、「偽のスワッティング(Swatting)行為」が原因と見られています。

このSWAT隊員が突入する「スワッティング(Swatting)」は、海外では悪質な悪戯として、問題となっている犯罪行為。この行為をフェイクで実施したTrick2g氏へのBANに対して、GameSpotの該当記事のコメント欄には「悪質であり、当然の処置だ」とする意見がある一方、Twitterでは同氏のファンが「彼の行為は視聴者を楽しませるためだった」として、BANの解除を要求する「#FreeTrick」活動を行っています。

また、今回のBAN処置に対してTrick2g氏が所属するTEAM2Gが声明を発表。偽のスワッティングを行った人物は、それまでのライブ配信に出演していた人物であり、変装もしていなかった、と説明。エンディングによって気分を害した人に謝罪しつつも、その演出がユーモアであることを強調しました。

Twitch関係者によるRedditの投稿(現在は削除済み)によると、Trick2g氏に課せられたBAN処置は永久的ではないとしながらも、その期間は不明となっています。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Steamで最も遊ばれているゲームは? 2012年から現在までのプレイヤー数推移を収めた動画が登場

    Steamで最も遊ばれているゲームは? 2012年から現在までのプレイヤー数推移を収めた動画が登場

  2. 『The Last of Us Part II』新コンセプトアートがお披露目!エリーの隣に佇む「犬」に注目が集まる

    『The Last of Us Part II』新コンセプトアートがお披露目!エリーの隣に佇む「犬」に注目が集まる

  3. PC版『レッド・デッド・リデンプション2』アーサーを巨大化してしまうModが登場

    PC版『レッド・デッド・リデンプション2』アーサーを巨大化してしまうModが登場

  4. 発明家YouTuberによる『オーバーウォッチ』「RIPタイヤ」リアル再現映像の最終パートが公開!

  5. 個人開発の高品質FPSアクション『Bright Memory』が日本語対応! 33%オフのセールも実施

  6. 『DEATH STRANDING』ファンメイドのPS1風デメイク映像!確かにこんな感じかも…?

  7. 『ポケモン 金・銀』20周年! 初のカラー対応、色違いポケモンが新登場・・・様々な展開が新たな冒険を彩る─公式Twitterでは思い出を募集中

  8. 名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

  9. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  10. 『DEATH STRANDING』日本語翻訳版公式アートブックの発売日が決定!予約もスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top