Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN

『League of Legends』のライブストリーミングなどで人気を博しているTwitchのストリーマーTrick2g氏が、24時間のライブイベント後にTwitchよりBANされ、様々なコミュニティで波紋を呼んでいます。

ゲーム文化 カルチャー
Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN
  • Twitchの人気ストリーマーが偽スワッティング行為でBAN

League of Legends』のライブストリーミングなどで人気を博しているTwitchのストリーマーTrick2g氏が、24時間のライブイベント後にTwitchよりBANされ、様々なコミュニティで波紋を呼んでいます。

Trick2g氏による24時間のライブ配信イベントは、80万フォロワーを記念して行われたもの。イベントでは様々な催しが行われていましたが、ライブ配信の最後に偽のSWAT隊員が突入して終了するという演出が行われました。

このライブ配信後にTwitchは「利用規約違反」としてTrick2g氏のアカウントにBAN処置を実施。実際に配信中のどの部分が利用規約に抵触していたのかは定かではありませんが、「偽のスワッティング(Swatting)行為」が原因と見られています。

このSWAT隊員が突入する「スワッティング(Swatting)」は、海外では悪質な悪戯として、問題となっている犯罪行為。この行為をフェイクで実施したTrick2g氏へのBANに対して、GameSpotの該当記事のコメント欄には「悪質であり、当然の処置だ」とする意見がある一方、Twitterでは同氏のファンが「彼の行為は視聴者を楽しませるためだった」として、BANの解除を要求する「#FreeTrick」活動を行っています。

また、今回のBAN処置に対してTrick2g氏が所属するTEAM2Gが声明を発表。偽のスワッティングを行った人物は、それまでのライブ配信に出演していた人物であり、変装もしていなかった、と説明。エンディングによって気分を害した人に謝罪しつつも、その演出がユーモアであることを強調しました。

Twitch関係者によるRedditの投稿(現在は削除済み)によると、Trick2g氏に課せられたBAN処置は永久的ではないとしながらも、その期間は不明となっています。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

    『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

  2. タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

    タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

  3. Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

    Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

  4. モバイル版『ヒューマン フォール フラット』海外配信開始! ぐにゃぐにゃアクションをいつでもどこでも

  5. 『Myst』映像化権をVillage Roadshow Entertainmentが獲得

  6. Twitchにチャンネル購読者向けストリーミング作成機能がベータ実装!

  7. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  8. Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

  9. モモンガサバイバルADV『AWAY: The Survival Series』Kickstarterキャンペーン開始!

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top