【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加

8月5日から9日の日程でドイツはケルンにて行われたgamescom2015、我らがGame*Sparkでば今冬2K Gamesから発売が予定されている『Battleborn(バトルボーン)』のメディア向けハンズオンデモプレイに参加してきましたので感想などお伝えいたします。

ニュース 最新ニュース
【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加
  • 【GC 2015】全てのバッドアスに捧ぐ!Gearbox最新作『Battleborn』ハンズオンに参加


8月5日から9日の日程でドイツはケルンにて行われたgamescom2015、我がGame*Sparkでは今冬2K Gamesから発売が予定されている『Battleborn(バトルボーン)』のメディア向けハンズオンデモプレイに参加してきましたので感想などお伝えいたします。

この『Battleborn』、端的に言ってしまうとMOBA風味なFPSと言ったところでしょうか。原則5人のCo-opプレイ、或いは5人対5人の対戦プレイで遊ぶFPSになっています。またFPSと言っても、武装は1キャラ1種が原則のようで、スタート時に選んだキャラの武装はそのまま変えられることはなく、プレイスタイルは個々のキャラに依存すると言った形になりそう。また近接戦闘メインのキャラもあり、FPSライクな主観視点のアクションゲームになると言った具合です。



MOBA風味と言うのもレベルアップが実に早く、レベルアップの度に現れる二者択一型のスキルツリーから自分好みのキャラに迅速に育てていく事ができます。現に30分足らずのデモプレイの間にレベルは7~8上がり、銃撃の威力重視で上げたキャラはステージ開始時と比べ大きくパワーアップしました。さて、世界各地から集まったゲームメディア関係者が5人、横並びに座り思い思いのキャラを選んでスタートします。



ハンズオンデモで遊べたステージは標高の高そうな雪山が舞台。前半はナビゲートする老キャラの指示に従い、敵を倒しながらしばらく進むと「Wolf Sentry」と呼ばれる巨大自走兵器が登場。後半はこの「Wolf Sentry」をエスコートして進み、ステージ最終地点に到着すると拠点を守るタワーディフェンス形式に変化。押し寄せる敵のウェーブを殲滅していると長い触手を持つボスキャラ出現。

筆者のキャラMontanaは中~遠距離戦闘支援に特化したもののようで暫く遠巻きに撃っていましたら味方の近接キャラ2体が接近してガシガシ斬りまくりボス戦もあっけなく終了しました。ステージは高低差が激しく、キャラの移動スピードやジャンプ高低差、また攻撃の射程にも差がある為、自身の持ち場と攻撃範囲を見出し迅速な行動と連携が勝利のカギになりそうなところもMOBA風味に感じられました。



最後にキャラクターについて、プレイアブルキャラの悪ノリ度はボダランのそれをさらにパワーアップさせた印象。登場するキャラは美少女剣士にはじまり、ミニガンを携えたマッチョマン、不思議な踊りを踊るエジプトの女王、自由に空を飛び回れる鷹人間、梟を操る英国紳士風のロボットと二刀流のバンパイア、果てはキノコだけどヒーラーとまさに多種多様。セルシェーディングによる美麗がグラフィックでアニメ調に描画されます。

1ステージを遊んだ後の感想としては、選んだキャラのせいかシューターとしてはいささか平坦で地味な印象を受けましたが、これは最終的に25体もいる操作キャラクターのプレイスタイルによってがらっと変わるのではないかと思われます。現に同時にプレイした5人のうち、近接戦闘キャラを選んだ2人は積極的に前線へ出て楽しそうに敵をガシガシ斬りまくっていましたし。

何より安易に続編制作へ走らず、新たなIPを確立しようというGearboxの開拓精神にエールを送りたいと思われました。『Battleborn』はPC、PS4、Xbox One向けに絶賛開発中。海外では今冬発売予定とのこと。また日本での発売も予定されているということで詳細の発表が待たれるところです。
《パムジー》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」発表―2月20日よりPS4向けに先行配信

    『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」発表―2月20日よりPS4向けに先行配信

  2. 空戦MMO『World of Warplanes』国内正式サービス開始が2019年春に決定!

    空戦MMO『World of Warplanes』国内正式サービス開始が2019年春に決定!

  3. 『アサシン クリードIII リマスター』が5月23日より国内発売決定―『オデッセイ』シーズンパス所有者は3月29日から

    『アサシン クリードIII リマスター』が5月23日より国内発売決定―『オデッセイ』シーズンパス所有者は3月29日から

  4. 『ディビジョン2』家族を失った男を描く実写トレイラー!映画「ドライヴ」のレフン監督が手掛ける【UPDATE】

  5. 『オーバーウォッチ』レゴで再現された「BUSAN」の巨大ジオラマがスゴイ

  6. 『ファークライ ニュードーン』がUK売上チャートで1位に!『メトロ エクソダス』は2位発進

  7. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

  8. 妻帯ネズミのアクションRPG『Ghost of a Tale』PS4/XB1版が海外で3月12日発売決定

  9. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  10. 『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

アクセスランキングをもっと見る

page top