ESL Oneケルン大会で薬物検査実施へ―反ドーピング団体との提携も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ESL Oneケルン大会で薬物検査実施へ―反ドーピング団体との提携も

Electronic Sports League(ESL)は、主催するe-SportsイベントESL Oneケルン大会にて、薬物検査を実施すると発表し、禁止物質ならびに処罰規定を明らかにしました。

ニュース 発表
ESL Oneケルン大会で薬物検査実施へ―反ドーピング団体との提携も
  • ESL Oneケルン大会で薬物検査実施へ―反ドーピング団体との提携も
Electronic Sports League(ESL)は、主催するe-SportsイベントESL Oneケルン大会にて、薬物検査を実施すると発表し、禁止物質ならびに処罰規定を明らかにしました。

これはESLの広報担当者Anna Rozwandowicz氏がRedditに投稿した内容から明らかになったもの。ESLはドイツに拠点を置くNADA(Nationale Anti Doping Agentur)とカナダに拠点を置くWADA(World Anti-Doping Agency)の提携を発表しており、検査は両組織の技術やノウハウを利用して行われるとのこと。

ESLにおいて禁止される物質はWADAの禁止リストに準ずるもので、薬物テストは大会期間中にランダムで実施。大会中に禁止物質の使用が明らかになった場合は、大会の失格、最大2年間のESLイベント出場停止、賞金/トーナメントポイントの返納といった処罰が行われると伝えています。

なお、アデラールなどの治療に用いられる薬物に関しては、使用に際して医師の処方せんを提出する必要があるとのこと。また、マリファナについては大会開始前、大会終了後の使用であれば処罰されない旨が明記されています。

先日のドーピング騒動の影響から、急激に整備されたESLのアンチドーピング体制。今後のESLトーナメントでも実施されることが発表されています。ESLの対応がe-Sportsにおけるアンチドーピングのモデルケースとなるかもしれません。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

    『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

  2. 『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

    『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

  3. スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

    スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

  4. 『NEW GUILTY GEAR(仮)』「アクセル=ロウ」を紹介する最新トレイラー公開!「ARCREVO America 2019」での世界初試遊も決定

  5. 10月12日~13日に接近する台風19号、ゲーム業界の動きは?

  6. 『PAYDAY 3』は2022~2023年に発売予定―Starbreezeが今後の見通しを公開、分社化も

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  10. これからも手応えのあるゲームを作っていきたい-フロム・ソフトウェアの宮崎英高氏がブラジルゲームショウで「生涯功労賞」を受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top