『League of Legends』でBAN処分を受けたYouTuberが抗議映像を投稿、「挑発チャット」の是非語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『League of Legends』でBAN処分を受けたYouTuberが抗議映像を投稿、「挑発チャット」の是非語る

海外でYouTuberとして活動するDunkey氏が、『League of Legends』ゲームプレイを通して受けたBAN措置に対して抗議映像を投稿しました。

ゲーム文化 カルチャー
『League of Legends』でBAN処分を受けたYouTuberが抗議映像を投稿、「挑発チャット」の是非語る
  • 『League of Legends』でBAN処分を受けたYouTuberが抗議映像を投稿、「挑発チャット」の是非語る
  • 『League of Legends』でBAN処分を受けたYouTuberが抗議映像を投稿、「挑発チャット」の是非語る

海外でYouTuberとして活動するDunkey氏が、『League of Legends』ゲームプレイを通して受けたBAN措置に対して抗議映像を投稿しました。

Dunkey氏は先週、他プレイヤーに対する攻撃的なチャットメッセージを理由として、『LoL』運営元であるRiot GamesからBAN対応を受けていました。Dunkey氏はこの攻撃的なチャットメッセージをゲーム内で発言した経緯や、『LoL』のゲームプレイングと「挑発的なチャット」のニーズを語る映像を投稿。これを受けてRiot Gamesリードゲームデザイン担当者Jeffrey Lin氏は、Dunkey氏の動画はRiot社員達にとってお気に入りの存在だったと語りながら、「非常に残念です」とコメントを寄せています。

Lin氏は「しかしながら、Dunkey氏がプロでありコンテンツクリエイターであるというだけで贔屓する訳にはいきません」と語りながら、この一連の流れの主題にあるのは「挑発的なチャット」の是非を問う討論ではないとコメント。『LoL』運営元がヘイトスピーチや人種差別、同性愛者差別やセクシズムに該当するチャットを厳しく制限していることを改めて説明しながら、Dunkey氏がゲーム内で置かれた状況を鑑みた上で、今後の『LoL』プレイヤーと有害なプレイングに対する対応策を述べました。

Lin氏によると、『LoL』次期パッチ5.18より「意図的にDeathを選ぶプレイヤー(Feeder)」の新たな自動検知システムがローンチするとのこと。スタート段階時においては控えめに設定で動作させるようですが、Dunkey氏が強く罵った「Feeder」に当るプレイヤーを見つける為の「偉大なファーストステップ」になると伝えています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

    「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

  2. “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

    “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

  3. 何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

    何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

  4. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  5. 非暴力で可愛いインディーゲームが集うショーケースイベント「Wholesome Direct」開催決定!

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 香川県弁護士会が「ネット・ゲーム依存症対策条例」の廃止を求める会長声明を発表

  8. 『TES IV: オブリビオン』で600年以上にわたり獄中生活を送る人物現る! スキルはほぼ消失

  9. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  10. パスはしない、クォーターバックはいない……アメフトの常識を外れた戦術で『NFL 20』大会優勝のプロゲーマーが65,000ドルの賞金を獲得

アクセスランキングをもっと見る

page top