『Star Citizen』全モジュールの早期アクセスを出資者全員に開放―権利所有者には補償へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Star Citizen』全モジュールの早期アクセスを出資者全員に開放―権利所有者には補償へ

クリス・ロバーツ率いるCloud Imperium Gamesが開発するスペースシム『Star Citizen』。ゲイリー・オールドマンやマーク・ハミルなど、豪華キャストが発表された本作ですが、出資者数100万人を記念して全ての早期アクセス権利を開放すると発表されました。

ニュース 発表
『Star Citizen』全モジュールの早期アクセスを出資者全員に開放―権利所有者には補償へ
  • 『Star Citizen』全モジュールの早期アクセスを出資者全員に開放―権利所有者には補償へ
  • 『Star Citizen』全モジュールの早期アクセスを出資者全員に開放―権利所有者には補償へ
クリス・ロバーツ率いるCloud Imperium Gamesが開発するスペースシム『Star Citizen』。ゲイリー・オールドマンやマーク・ハミルなど、豪華キャストが発表された本作ですが、出資者数100万人を記念して全ての早期アクセス権利を開放すると発表されました。

本作ではゲームの一部分を「モジュール」としてプレイ可能な早期アクセスシステムを採用しており、プレイするためには各モジュールの早期アクセス権が必要でした。現在までにスペースコンバットを体験できるArena Commanderがリリースされている他、FPSモジュールのStar Marineなどのリリースが予定されており、これらが本作の出資者全てに公開されるとのことです。

なお、アルファアクセスパッケージや、Arena Commanderパスの購入者にはゲーム内通貨での補償が行われる予定。公式フォーラムに詳しい補償内容が掲載されているので、該当者はチェックしておくとよさそうです。

UPDATE(2015/10/15 23:30):記事初出時、FPSモジュールがリリース済みと記述していましたが、現時点でリリースされていません。事実に沿って内容を訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

    「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

  4. 農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

  5. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  6. 西遊記アクションADV『MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック』PS4/PC向けにリリース―中国大ヒット映画のゲーム化

  7. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  8. 「モンスターハンターフェスタ'19-'20」物販や来場者特典の追加情報を公開!ゲームの狩猟生活に役立つアイテムもプレゼント

  9. 『シティーズ:スカイライン』でまちづくり―愛知県高浜市が未来の姿を創造するコンテストを実施!

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

1
page top