アリーナシューター『Quake Live』がSteamworksに完全移行―Free-to-Playは廃止 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アリーナシューター『Quake Live』がSteamworksに完全移行―Free-to-Playは廃止

2010年にブラウザ向けのゲームとしてローンチし、2014年にはスタンドアロン化およびSteam配信が行われたアリーナシューター『Quake Live』ですが、新たにSteamworksへの完全移行が発表されました。

ニュース 発表
アリーナシューター『Quake Live』がSteamworksに完全移行―Free-to-Playは廃止
  • アリーナシューター『Quake Live』がSteamworksに完全移行―Free-to-Playは廃止
  • アリーナシューター『Quake Live』がSteamworksに完全移行―Free-to-Playは廃止
  • アリーナシューター『Quake Live』がSteamworksに完全移行―Free-to-Playは廃止

2010年にブラウザ向けのゲームとしてローンチし、2014年にはスタンドアロン化およびSteam配信が行われたアリーナシューター『Quake Live』ですが、新たにSteamworksへの完全移行が発表されました。これにより旧ランチャーは廃止、今後はフレンド、チャット、ロビー、ボイスチャット、サーバーブラウザ、統計、実績、アンチチート、トレーディングカード、WorkshopなどのSteam機能が利用できるようになります。


Steam配信時に公開されたトレイラー

また、Steamworksへの移行によりサブスクリプションサービスおよびFree-to-Playオプションが廃止。現在は980円の買い切り型となっています。アクティブなプロサブスクリプションを持っていて、今回のローンチ前にゲームをダウンロードできなかったユーザーはカスタマーサポートに連絡して欲しいとのことです。


開発チームは過去8年にわたってこのプロジェクトに取り組んでいることに大きな喜びを感じるとともに、今後コミュニティの将来がどうなるか楽しみだと語っています。…が、今回の移行で旧ランチャーのフレンドリストやクラン、統計情報が全て削除されたとのユーザー報告もあり、一部から批判の声があがっています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

    高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  2. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  3. 『CoD:BO4』ゾンビモード

    『CoD:BO4』ゾンビモード"カオスの物語"最終章「Ancient Evil」トレイラー!ギリシャの地下都市で…

  4. 『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

  5. 『デビル メイ クライ 5』無料アップデート「ブラッディパレス」国内で4月1日配信―激闘の様子も

  6. 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

  7. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  8. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  9. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  10. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

アクセスランキングをもっと見る

1
page top