『Battlefield Hardline』シーズン制を採用する対戦モード導入へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Battlefield Hardline』シーズン制を採用する対戦モード導入へ

Visceral Gamesが手がける『Battlefield Hardline』。1月に予定されている本作の第3弾DLC「GETAWAY」のリリースにあわせ、無料アップデートを実施し、シーズン制を採用する競技性の高い対戦モード「コンペティティブマッチ」の導入すると発表されました。

ニュース 発表
『Battlefield Hardline』シーズン制を採用する対戦モード導入へ
  • 『Battlefield Hardline』シーズン制を採用する対戦モード導入へ

Visceral Gamesが手がける『Battlefield Hardline』。1月に予定されている本作の第3弾DLC「GETAWAY」のリリースにあわせ、無料アップデートを実施し、シーズン制を採用する競技性の高い対戦モード「コンペティティブマッチ」の導入すると発表されました。

5対5の対戦モードとなる「コンペティティブマッチ」は、2週間から3週間の1シーズンとする競技性を重視したもの。同レベルのプレイヤー同士で対戦が行われ、対戦成績に応じてプレイヤーのスキルが評価されるとのこと。最下層の「候補生」から最高位の「エリートゴールドキャプテン」といった階級に分けられます。

対戦プレイでは個人もしくは分隊(家庭用ゲーム機のみ)で参加可能。シーズンごとのテーマに沿ったマップとゲームモードのローテーションが使用されるとのことです。また、シーズン終了時トップ5に輝いたプレイヤーには特別な限定キルカードが提供。コンペティティブマッチは、全プレイヤーが参加可能なスタンダードリーグとプレミアムメンバー限定のプレミアムリーグの2リーグ構成。プレミアムリーグでは『Battlefield Hardline』の拡張パックを含めた全てのマップがシーズンローテーションに加えられます。

予てより競技性の高い少人数戦にもフォーカスしていた『Battlefield Hardline』。「コンペティティブマッチ」の導入で、その特色がより引き出されることとなりそうです。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

    実写映画版『ソニック』全身姿デザインがブランディング会社のサイトに一時掲載

  2. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

    Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  3. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  4. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  5. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  6. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  7. ボールぶつけ対戦ACT『リーサルリーグ ブレイズ』国内PS4/スイッチ向けに発売決定!DL版は7月、特典付きパッケージ版は9月に

  8. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

アクセスランキングをもっと見る

1
page top