Ubisoftが『The Division』PC版の動作環境やいくつかの情報を公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ubisoftが『The Division』PC版の動作環境やいくつかの情報を公開

ニュース 発表

Ubisoftが『The Division』PC版の動作環境やいくつかの情報を公開
  • Ubisoftが『The Division』PC版の動作環境やいくつかの情報を公開
  • Ubisoftが『The Division』PC版の動作環境やいくつかの情報を公開

海外では3月8日、国内では3月10日に発売となる新作オンラインRPG『The Division』ですが、Ubisoftは同社公式ブログにおいて、PC版に関するいくつかの情報動作環境を公開しました。PC版をプレイ予定の方はしっかりと確認しておきましょう。

  • PC版開発の主目標はプレイヤーが望むゲームのバージョンを提供すること。開発チームはコンソール版を単に移植するのではなく、最初からPC向けであるように感じる経験を作りたいと考えており、特に力を入れたのはUIによるナビゲーション。マウスとキーボードでのナビゲートの方法はコントローラーでの操作と大きく異なる。

  • ゲームの軸はソーシャル。プレイヤーがフレンドとプレイするとともに、新たなフレンドを容易に見つけられるようUplayチームと密接に協力している。Uplayは今Steamのフレンドリストから招待したり、最近一緒にプレイした人を探すことが可能。また、Uplayのフレンドリストはオンラインのフレンドに招待を送ったり、フレンドのセッションにシームレスに参加できる。

  • マルチプレイはPC同士のみ。一般的なマルチプラットフォームのオンラインマルチプレイヤーゲーム同様、サーバーはプラットフォーム固有。

  • マウス+キーボード完全対応だが、コントローラーでもプレイ可能。ゲームの途中で切り替えることもできる。

  • Modは非対応。ゲームはオンラインのオープンワールドアクションRPGであるため、Modへの対応は技術的に困難。開発チームはすべてのPCプレイヤーに最高の体験を提供することに焦点を当てている。

  • UIをカスタマイズ可能。HUDの位置や大きさ、透明度などを好みに合わせて設定できる。また、様々なグラフィックスオプションも微調整できる。

  • PC版のベータは現地時間で1月29日から31日まで実施予定。開始前にはメールで通知が送られる。待機リストへの参加をオススメ。ゲームを予約購入すればベータへのアクセスは保証される。
    (注: 国内向けにはPC版ベータの実施は未発表

  • PC版はラップトップから3画面のモンスターマシンまで、多くのハードウェアをサポート。また、特別な機能をもたらすために異なるPCハードウェアメーカーと仕事をした。例えば、アイトラッキング技術でゲームにさらなる没入感を与えるため、Tobiiと協力している。

  • ◆最小動作環境
    OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (64-bitのみ)
    CPU: Intel Core i5-2400 | AMD FX-6100 以上
    RAM: 6GB
    ビデオカード: NVIDIA GeForce GTX 560 with 2 GB VRAM (現在のNVIDIA GeForce GTX 760と同等) | AMD Radeon HD 7770 with 2 GB VRAM 以上 ※対応リストを参照
    ノートブックサポート: 最小構成が同等であればこれらのデスクトップカードのラップトップモデルは動作する可能性がある。対応ハードウェアの最新リストはUbiサポートサイトのFAQを参照。
    DirectX: バージョン11
    HDD: 40GBの空き容量
    光学ドライブ: DVD-ROM Dual Layer
    周辺機器: Windows互換のキーボード、マウス、ヘッドセット、オプションのコントローラー
    マルチプレイヤー: 上り256kbps以上のブロードバンド接続


    ◆推奨動作環境
    OS: Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (64-bitのみ)
    CPU: Intel Core i7-3770 | AMD FX-8350 以上
    RAM: 8GB
    ビデオカード: NVIDIA GeForce GTX 970 | AMD Radeon R9 290 以上 ※対応リストを参照
    ノートブックサポート: 最小構成が同等であればこれらのデスクトップカードのラップトップモデルは動作する可能性がある。対応ハードウェアの最新リストはUbiサポートサイトのFAQを参照。
    DirectX: バージョン11
    HDD: 40GBの空き容量
    光学ドライブ: DVD-ROM Dual Layer
    周辺機器: Windows互換のキーボード、マウス、ヘッドセット、オプションのコントローラー
    マルチプレイヤー: 上り512kbps以上のブロードバンド接続

    リリース時に対応するNVIDIAカード:
    ・GeForce GTX500 シリーズ: GeForce GTX560 (2 GB VRAM) 以上
    ・GeForce GTX600 シリーズ: GeForce GTX660 以上
    ・GeForce GTX700 シリーズ: GeForce GTX760 以上
    ・GeForce GTX900 Titan シリーズ: GeForce GTX960 以上
    リリース時に対応するAMDカード:
    ・Radeon HD7000 シリーズ: Radeon HD7770 (2 GB VRAM) 以上
    ・Radeon 200 シリーズ: Radeon R7 270 以上
    ・Radeon 300/Fury X シリーズ: Radeon R7 370 以上

《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 50 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PlayStation 3が出荷完了、「CECH-4300C」製品情報から明らかに

    PlayStation 3が出荷完了、「CECH-4300C」製品情報から明らかに

  2. パンツ一丁の中年男性が押し寄せるタワーディフェンス『Endless Flow』がSteam Greenlightに登場

    パンツ一丁の中年男性が押し寄せるタワーディフェンス『Endless Flow』がSteam Greenlightに登場

  3. Tokyo RPG Factory、公式サイトで謎のイラストを公開─『いけにえと雪のセツナ』に続く新たな展開か?

    Tokyo RPG Factory、公式サイトで謎のイラストを公開─『いけにえと雪のセツナ』に続く新たな展開か?

  4. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  5. スイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』が2017年8月25日に発売決定!

  6. 入国審査シム『Papers, Please』が3周年!売上は驚愕の180万本に到達

  7. SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る

  10. アサクリ最新作は古代エジプト舞台の『Assassin's Creed: Origins』?ーゲーム画面も

アクセスランキングをもっと見る

page top