『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける

ニュース ゲーム業界

『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける
  • 『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける
  • 『NBA2K』販売元のTake-Two、NBA選手の「タトゥー」無断利用で提訴受ける

バスケットゲームシリーズ『NBA2K』販売元のTake-Two InteractiveがNBAプレイヤーの「タトゥー」を無許可で利用したとして、権利保有企業から告訴されたことが海外メディアより報じられています。

ESPNが報じるところによれば、海外企業Solid Oak SketchesはNBA選手レブロン・ジェームズやコービー・ブライアントにあしらわれている「子どもと文章」「鳩」「蝶」などのタトゥーの著作権が侵害されているとして、2月1日にニューヨーク連邦裁判所においてTake-Two Interactiveを提訴したとのこと。Solid Oak Sketchesは昨年末よりNBA選手のタトゥーほぼすべての著作権を所有しているとも伝えられており、Take-Two Interactiveに向けて利用に関する通告を行ったのち、今回の告訴に踏み切ったとのこと。同社はTake-Twoに対しライセンス使用料として110万ドル(約1.3億円)を求めています。

ゲーム業界における「タトゥーの著作権問題」は本件に限ったものではなく、過去にはアリゾナ州在住のタトゥーアーティストが『UFC Undisputed 3』登場タトゥーを「著作権侵害」として告訴していた例も見られていました。渦中の『NBA2K』についてTake-Twoから正式なコメントは寄せられておらず、続報が待たれる状況です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

    『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  2. 海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

    海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

  3. PlayStation NowにPS4タイトルが30本追加!『ウルIV』『GRAVITY DAZE』『ディスガイア5』など

    PlayStation NowにPS4タイトルが30本追加!『ウルIV』『GRAVITY DAZE』『ディスガイア5』など

  4. 硬派FPS『Escape from Tarkov』開発元が日本語フォーラムの管理者を募集

  5. RAZERのプロゲーマー仕様アケコン「Panthera」7月下旬より国内販売へ

  6. Telltale Gamesが『The Wolf Among Us』含む3タイトルの新シーズンを発表

  7. 全エピソード収録『ヒットマン』日本語版発売は8月!限定特典情報も

  8. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

  9. 『PUBG』に1人称視点限定サーバーが追加へ!次期月間アップデートで

  10. 約10年ぶりの復活を果たす『Sudden Strike 4』PS4ゲームプレイムービーが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top