小島秀夫とデル・トロ両監督がD.I.C.E.サミット登壇―VRやホラーの可能性語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島秀夫とデル・トロ両監督がD.I.C.E.サミット登壇―VRやホラーの可能性語る

「D.I.C.E.サミット2016」にて、小島秀夫監督がギレルモ・デル・トロ監督と基調講演を実施しました。これにあわせて、複数の海外メディアが小島監督にインタビューを実施。「VR技術についてコメントしています。

ゲーム機 VR
小島秀夫とデル・トロ両監督がD.I.C.E.サミット登壇―VRやホラーの可能性語る
  • 小島秀夫とデル・トロ両監督がD.I.C.E.サミット登壇―VRやホラーの可能性語る
  • 小島秀夫とデル・トロ両監督がD.I.C.E.サミット登壇―VRやホラーの可能性語る

米国で開催中のゲーム開発者向けイベント「D.I.C.E.サミット2016」にて、コジマプロダクションを率いるゲームクリエイター小島秀夫監督がギレルモ・デル・トロ監督と共に基調講演を実施しました。これにあわせて、複数の海外メディアが小島監督にインタビューを実施。「Oculus Rift」や「PlayStation VR」で注目を集めるVR技術について、興味深いコメントを見せています。

20年前から注目されていたVR技術について、小島秀夫監督は「これまでずっと興味を持っていた」と述べており、今日になりいよいよ到来しつつあるVRの時代に強い好奇心を持っている旨をコメント。数年前にVR開発キットに挑んだ際には強い“3D酔い”に陥ったとのことですが、現在の技術力で開発された新たなVRデバイスを使用した際には“3D酔い”もそう感じられなかったらしく、「何かを開発するための更なる確信が得られた」と語っています。

小島監督はVRデバイスとシューター作品の親和性を認めながらも、自身のモチベーションは「人々にユニークな感覚を提供すること」にあると発言。彼はVRデバイスに「気持ち悪いもの」や「恐ろしいもの」を表現するツールとしての可能性を見ており、「グロテスクだったり血まみれだったりするものではなく、何か異なる種類の恐怖」を描くするための力を感じたようです。

小島監督は「実際の世界」と「VR世界」をそれぞれ認識、そして“錯覚”する人間の脳に面白さを見出したらしく、『P.T.』や『Silent Hills』、そしてホラーゲーム作品の開発に直接言及しなかったものの、VRデバイスには「これまでのビデオゲームに存在しなかった何か」があると、新たな時代の流れを感じさせるコメントを述べています。
《subimago》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』や『The Elder Scrolls』のファンメイドムービーを「Unreal Engine 5」で制作!猛烈な勢いで公開する人現る

    『サイバーパンク2077』や『The Elder Scrolls』のファンメイドムービーを「Unreal Engine 5」で制作!猛烈な勢いで公開する人現る

  2. 「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開

    「Steam Deck」の交換用パーツがiFixitにて販売開始―修理ガイドも公開

  3. ゲームボーイアドバンス互換機「ポケットHDMIアドバンス for GBA」6月2日発売決定!Amazonで予約受付開始

    ゲームボーイアドバンス互換機「ポケットHDMIアドバンス for GBA」6月2日発売決定!Amazonで予約受付開始

  4. CS用ハンコンコンバーター「Ras1ution 2」国内向けに発売!前世代ハンコンも最新レースゲーム対応に【UPDATE】

  5. これは実写でしょ…「Unreal Engine 5」で作られた“リアルすぎて怖い”駅が公開

  6. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」新モジュールで「ニンテンドウ64」に対応へ!

  7. 剣よ魔法よ鮮やかに―VR対応MMORPG『Zenith: The Last City』リリース日が決定

  8. NVIDIA、『Atomic Heart』などのRTX技術デモを3本配信中ーレイトレーシングをこの手に

  9. 次世代の技術が誰でも使える最新ゲームエンジン「Unreal Engine 5」正式リリース!

  10. 改善し続ける「Steam Deck」―「ロック画面」機能やバッテリー寿命改善などのアップデート

アクセスランキングをもっと見る

page top