企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった

ニュース ゲーム業界

企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった
  • 企画展「GAME ON」の『スターウォーズ(ATARI版)』展示方法が変更に、実機ではなくエミュレータだった
3月2日より日本科学未来館で開催されている企画展「GAME ON」。会場にはゲームの歴史を彩る名作150タイトル以上がプレイでき、ビデオゲーム界隈では大きな盛り上がりを見せています。なお、同企画展は2002年に英国ロンドンのバービカン・センターを皮切りに世界中で開催され、これまでに200万人以上が来場しています。

その一方で、名作として知られるATARI版『スターウォーズ』が「筐体は本物だが、ゲーム自体はエミュレーターで動作しているのでは?」と一部で話題になっていました。ATARI版『スターウォーズ』は1983年にリリースされたアーケードゲームで、独特の雰囲気が美しいベクタースキャン方式のグラフィックを採用。ところが「GAME ON」に出展されているものは、このベクタースキャンの見え方に違和感があったのです。また、レスポンスの悪さも今回の疑惑に繋がりました。

そこで日本科学未来館の担当者に事実確認を行ったところ、エミュレーターで動作していたことが発覚しました。そもそも今回の筐体は、バービカン・センターで開催された「GAME ON」で使用されたものを展示。今回の発覚に伴い、3月7日よりプレイアブル展示から“筐体展示のみ”に変更されました。近日中に「特設サイト」にてお知らせが掲載される予定です。

なお、今後の運用としては「現在、オリジナルのシステムで再開できるよう調整を進めております。」とのこと。続報が入り次第お伝えします。
《栗本 浩大》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

    チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  2. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

    ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  3. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

    『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  4. PS4/PS Vita『ザ・ロストチャイルド』発表! 『エルシャダイ』の系譜を継ぐ新作RPG─ルシフェルが語る新映像も公開

  5. オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る

  6. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』延期が国内向けに発表

  8. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

  9. 2K、2019会計年度に有名シリーズ新作発売か―『ボダラン』『BioShock』の声も

  10. バーテンダーADV『VA-11 HALL-A』待望の日本語化、PS Vita版の出来栄えは?

アクセスランキングをもっと見る

page top