オーストラリア競争・消費者委員会とValveの返金規約訴訟に決着―Valve側の敗訴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オーストラリア競争・消費者委員会とValveの返金規約訴訟に決着―Valve側の敗訴

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)が2014年8月にSteamの返金規約を巡り、Valveを相手取って起こされた訴訟ですが、オーストラリア連邦裁判所はValveがオーストラリアの消費者法に違反したとの判決を下しました。

ニュース ゲーム業界
オーストラリア競争・消費者委員会とValveの返金規約訴訟に決着―Valve側の敗訴
  • オーストラリア競争・消費者委員会とValveの返金規約訴訟に決着―Valve側の敗訴
オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)が2014年8月にSteamの返金規約を巡り、Valveを相手取って起こされた訴訟ですが、オーストラリア連邦裁判所はValveがオーストラリアの消費者法に違反したとの判決を下しました。

訴訟はかつての利用規約「Steamに関して発生するあらゆる料金、およびSteam Walletを利用して行われる購入のすべては、本規約に明確な規定がない限り、支払い方法を問わず前払いとし、全額または一部を問わず返金されません」を巡って行われていたもの。これがオーストラリアの消費者法に違反しているとし、訴えが起こされていました。

最大の焦点となっていたのはValveが米国企業であり、オーストラリアの法で裁けるのかという部分でしたが、連邦裁判所はValveがオーストラリア国内で事業を行っていたと判断。今回の判決を通じてACCCは、今後もオンライン市場における消費者問題は優先事項であり、オーストラリア消費者法に違反する事業に対して、適切な強制処置をとると述べています。

なお、現在のSteamでは「14日間でプレイ2時間未満」であれば理由を問わず返金可能とする新ガイドラインが2015年6月より運用されており、判決の結果がSteamのサービス影響を与えることは無いと考えられています。一方で最終的な賠償責任を追及する公聴会が4月15日に開かれる予定で、ValveはACCCの裁判費用を最大で75%まで支払う可能性があるとのことです。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 100年以上前のゲームを復刻!? 機械仕掛け風シューター『Bartlow's Dread Machine』発表

    100年以上前のゲームを復刻!? 機械仕掛け風シューター『Bartlow's Dread Machine』発表

  2. Steamの旧正月セールが現地時間1月23日より開催か―Valveが開発者向けに告知

    Steamの旧正月セールが現地時間1月23日より開催か―Valveが開発者向けに告知

  3. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら

    【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  4. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  5. 『モータルコンバット』初期3作のリマスター版がPC/コンソール向けに登場か―欧州レーティング機関に登録

  6. Daybreak Gamesが3つの新たなスタジオを設立―『Planetside3』のタイトルにも言及

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『スプリンターセル』の元クリエイティブディレクターがUbisoftに帰還

  9. ゾンビ×パルクールACT新作『Dying Light 2』の発売が延期―「ビジョンの実現にさらなる開発時間が必要」

  10. 『聖剣伝説 3 トライアルズ オブ マナ』2020年4月24日発売決定!クラス2のビジュアルやフィギュア等が付属する豪華ボックスの内容も明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top