Blizzard、『World of Warcraft』クラシック仕様エミュサーバーに言及―「議論している」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzard、『World of Warcraft』クラシック仕様エミュサーバーに言及―「議論している」

Blizzardから公式な抗議通知が送られ、閉鎖された『World of Warcraft』の初期仕様を再現した海賊版サーバー「Nostalrius」。本件に関して同社のバイスプレジデントで『WoW』統括プロデューサーJ. Allen Brack氏の声明が発表されました。

PC Windows
Blizzard、『World of Warcraft』クラシック仕様エミュサーバーに言及―「議論している」
  • Blizzard、『World of Warcraft』クラシック仕様エミュサーバーに言及―「議論している」
Blizzardから公式な抗議通知が送られ、閉鎖された『World of Warcraft』の初期仕様を再現した海賊版サーバー「Nostalrius」。本件に関して同社のバイスプレジデントで『WoW』統括プロデューサーJ. Allen Brack氏の声明が公式フォーラムに掲載されました。

Brack氏による声明は、Nostalriusを閉鎖した経緯およびクラシック仕様サーバーに対するBlizzardの状況を伝えるもの。クラシック仕様サーバーに関して同社が過去数年間、特に最近数週間にわたって、業務時間外に社内で活発な議論が行われている状況を報告し、その上で現在の同社の考えを示しました。

Nostalriusサーバーを閉鎖した件に関しては、Blizzardの知的財産権を保護するためと説明。その可能性を注視してきたと伝えながらも、同社のIPを保護する上で海賊サーバーに対してライセンスを与える明確な法的根拠は存在しないと明言しています。また、クラシックサーバーを統合するには非常に大きな運用上の課題があり、あらゆる側面から困難であるとの結論を伝えました。

一方で、クラシックサーバーは長年にわたり議論の対象となっており、グループファインダーやレベリングブーストなどの現行のあらゆる機能を廃したものが、コミュニティの興味を惹くかがわからないとの見解を示したものの、未だに議論の途上にある話題としています。

また、Nostalriusの運営を行っていた一部のメンバーと接触を持ったと報告。彼らがゲームについて深い知識を持っていると評し、今後数週間のうちに更なる対話をする機会を持つことを楽しみにしていると伝えています。発端は海賊サーバーという認め難い存在であるものの、そうしたコミュニティの大きな動きに対する同社の真摯な姿勢がうかがえます。
《水京》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』ディレクターが「基本プレイ無料化」の可能性に言及―「いつか、誰もがアクセスできるように」

    『レインボーシックス シージ』ディレクターが「基本プレイ無料化」の可能性に言及―「いつか、誰もがアクセスできるように」

  2. 『ボーダーランズ3』が全プラットフォームで50%OFF!PC/XB1はシーズンパスもセール中

    『ボーダーランズ3』が全プラットフォームで50%OFF!PC/XB1はシーズンパスもセール中

  3. 『サイバーパンク2077』参加アーティストのGrimesが女性サイボーグ“リズィー・ウィズィー”の背景を語る―なぜ彼女は“そう”なったのか

    『サイバーパンク2077』参加アーティストのGrimesが女性サイボーグ“リズィー・ウィズィー”の背景を語る―なぜ彼女は“そう”なったのか

  4. 宇宙船ローグライクFPS『Genesis Alpha One』Steam/GOG版配信開始ー Epicの時限独占が終了

  5. ポケモン風MMO『Temtem』開発ロードマップが公開―新テムテム・新エリアなど追加要素が多数予定

  6. 「SUPERHOT」に料理しよう! 『Cooking Simulator』と『SUPERHOT』がコラボ―バンドル販売とセールも

  7. Valve製「オートチェス」、『Dota Underlords』正式リリース!大型アップデートとシーズン1も開始

  8. 基本無料版250万DL突破の『DEAD OR ALIVE 6』に『DOAVV』から「たまき」の参戦決定―『ライザのアトリエ』コラボコスの配信も開始

  9. 『オーバーウォッチ』限定スキンが手に入る「アッシュのマルディグラ・チャレンジ」が開催!

  10. 長き時を経て『Half-Life』リメイク『Black Mesa』がついに現地時間3月5日リリースへ

アクセスランキングをもっと見る

page top