改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート

自作PCユーザー向けのマザーボードやグラフィックカードなどで知られるギガバイト。同社はComputex Taipeiで「XTREME GAMING」ブランドを中心にブースを構成。来場者の注目を集めていました。

PC Windows
改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート
  • 改造PCや大掛かりなVRデモも飛び出したギガバイトブースをレポート

自作PCユーザー向けのマザーボードやグラフィックカードなどで知られるギガバイト。日本ギガバイトのマスコットキャラクター、ギガバイ子ちゃんは古参自作PCユーザーにはおなじみの存在で、2015年にはLINEキャラクタースタンプになるなど、関係者そしてファンを驚かせました。そんな同社はComputex Taipeiで「XTREME GAMING」ブランドを中心にブースを構成。来場者の注目を集めていました。


他のPCパーツベンダーやゲーミングPCメーカーと同様、VRを前面に押し出したギガバイト。Oculas VRとムービングシートを用いて『Project CARS』をデモ。試遊者は「XTREME GAMING」ロゴをつけたレーシングスーツを着用してプレイするという凝りようで、中には恐怖のあまり悲鳴をあげる女性がみられたほどでした。別室ではHTC Viveを用いた『JOB SIMULATOR』のデモも行われていました。



空中を浮遊する巨大生物や戦艦をモチーフとした改造PC。その脇には最高スペックのパーツだけを集めた特製ゲーミングPCも展示されていました。マザーボードやグラフィックカードだけでなく、筐体、電源、マウス、キーボード、マウスパッド、ヘッドセットも初出展。イルミネーション内蔵で、電飾バリバリだったのは言うまでもありません。なお販売時期や日本での展開は未定となります。



    【パーツ構成】
    ・GeForce GTX 1080 G1 Gaming
    ・XK700 メカニカルゲーミングキーボード
    ・XH300 ゲーミングヘッドセット
    ・XC700 フルタワーケース / XC300 ミニタワーケース
    ・XP1200M 電源ユニット
    ・XM300 光学式ゲーミングマウス
    ・XMP300 6400DPI 対応ゲーミングマウスパッド


なお、グラフィックカードには同社ならではの3連ファン搭載GPUクーラー「WINDFORCE STACK COOLING SYSTEM」を搭載し、冷却効果をアップ。NVIDIAのGeForce GTX 1080を搭載しつつも、独自デザインの商品となっています。VR HMDの接続を容易にするために、通常は背面パネルに設置されたHDMI端子を、前面パネルからでも接続できるようにした「XTREAM VR LINK」などの機能も備えています。


マザーボードの展示エリアでは、Xeonプロセッサに対応するハイエンド製品「GA-X170-WS ECC」、第6世代インテルコアプロセッサに対応し、オールラウンドに性能を発揮する 「GA-Z170X-Ultra Gaming」、クアッドコアのオーディオチップを内蔵するなど、オーディオとネットワーク性能に優れた「GA-X99 Designare EX」などを展示。PCパーツの構成例と共に通電展示が行われていました。


ゲーミングノートPCの展示エリアでは、同社の主力製品である「P」シリーズに加えて、デザイン性とパフォーマンスの両立をめざした「AERO」シリーズが陳列されていました。Pシリーズは第6世代i7 processorとGTX 970M GDDR5 3GBを搭載した旗艦モデルの「P57W / P57K」モデルを筆頭に5種類が勢揃い。AEROシリーズは厚さ19.9ミリ、重量1.89kgながら i7 ProcessorとGTX 970M/965Mを搭載し、天板も黒・オレンジ・緑の3色から選べます。


このほか自社製品によるベンチマーク結果の掲示(主要PCベンダーでは珍しい)や、Mini-PCのベアボーンブランド「BRIX」の新製品も展示。BRIXの中には、PS3のような形状の縦置きスモールPC「GB-XD7B0」、メタリックなケースが特徴的な「GB-BNi7HG4-950」も参考出展されていました。Twitchによるライブストリーミング配信なども行われており、ゲーマー向けというコンセプトが明確で、バラエティゆたかなブース展示でした。
《小野憲史》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ディスプレイ接続規格はまだまだ「HDMI」強し―最新規格「DisplayPort2.1 UHBR20」は普及率に課題

    ディスプレイ接続規格はまだまだ「HDMI」強し―最新規格「DisplayPort2.1 UHBR20」は普及率に課題

  2. これであんなゲームやこんなゲームも人の目気にせず買い放題遊び放題!特定のゲーム履歴を非公開に設定できるSteamアップデートが正式配信

    これであんなゲームやこんなゲームも人の目気にせず買い放題遊び放題!特定のゲーム履歴を非公開に設定できるSteamアップデートが正式配信

  3. バンナム新作PvPvEメカシューター『SYNDUALITY Echo of Ada』クローズドベータテスト参加受付開始―3月28日から開催予定

    バンナム新作PvPvEメカシューター『SYNDUALITY Echo of Ada』クローズドベータテスト参加受付開始―3月28日から開催予定

  4. スキルを組み合わせ自分だけのアクションで戦え!ネトフリドラマ原作の韓国時代劇×ゾンビソウルライクARPG『Kingdom: The Blood』基本プレイ無料・日本語対応で配信開始

  5. スチームパンクなチョコレート工場シム『Chocolate Factory Simulator』発表―歯車と蒸気のマシーンでおいしいスイーツ作り

  6. 『ホロキュア』開発チームの新作『ホロブレイク』発表!“ねぽらぼvs秘密結社holoX”を描く、4人マルチ対応のベルトスクロールACT

  7. 「デューン」原作サバイバルクラフトMMO新作『Dune: Awakening』特別番組にて最新トレイラー公開

  8. 誰もが持つ悪魔を見透かす魔術師としてワルシャワに渦巻く黒い欲望に挑め!ロシア帝国占領下舞台のファンタジーRPG『The Thaumaturge』PC版発売

  9. ダンジョンはRTAするもの―4人Co-op対応“タイムアタック”迷宮攻略ARPG『Sinderfury』Steam早期アクセス開始―レア装備を追い求め最強ビルドを目指せ

  10. 旧作『TES』開発者が手掛けるオープンワールドRPG『The Wayward Realms』Kickstarterキャンペーンを今春開始―ダンジョン探索の一端を描く新トレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

page top