「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも

「BeingWare」をキーワードにIoTソリューションの展示に力を入れたComputex Taipei 2016のAcerブース。ゲーム関連の製品は2割程度でしたが、同社のゲーミングPCブランド「PREDATOR」製品は健在で、存在感を示していました。

PC Windows
「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも
  • 「PREDATOR」ブランドを有するAcerブースレポ―ゲーミングプロジェクターも

「BeingWare」をキーワードにIoTソリューションの展示に力を入れたComputex Taipei 2016のAcerブース。展示スペースの4割が電気自動車、スマートシティ、ホームアプリケーションなどのIoTソリューション。4割が一般向けPCやスマートフォンなどの展示で、ゲーム関連の製品は2割程度でした。製品もCES2016などで発表されたものが中心でしたが、同社のゲーミングPCブランド「PREDATOR」製品は健在で、存在感を示していました。

Acer Predator Z850 gaming projector


Computex Taipeiにあわせて実施される「d&i (Design & Innovation) Awards」。PC・スマートフォン・デジタルガジェットなどの国際的なアワードです。Acerはゲーミング関連2製品を含む8製品でアワードを受賞。そのうちの1つがウルトラワイドHDに対応したゲーム専用プロジェクター「Acer Predator Z850 gaming projector」です。120インチ、3000ルーメン、1920×720解像度の映像を、壁面から47センチの近さで投影できます。

サイズは縦96ミリ×幅383ミリ×奥行き310ミリで、B4サイズより若干大きいくらい。インターフェースにはHDMI、VGA、コンポジット端子、USB、LANポートがあり、スピーカーも一基内蔵されています。重さは5.5キロで手軽に持ち運ぶという感じではありませんが、同社ではLANパーティに最適としています。価格も4999ドルとハイエンド。こうした製品をリリースするところに、同社の懐の深さを感じさせられます。

XR342CK Gaming Monitor


Z850と並んでd&i Awardsに輝いた同社のゲーミングモニターです。「XR series」に属する34インチの新モデルで、解像度は3,440×1,440ドット。縦横比は21:9となっています。曲率1900Rの湾曲ディスプレイが特徴で、曲率3800Rだった従来のX34に比べて、より左右が迫ってくる印象を受けます。AMDのディスプレイ同期技術「AMD FreeSync」に対応し、sRGBカバー率100%の正確な色表現が可能。「DTS Sound」による高音質スピーカーも備えています。

PREDATOR G1


現行品のG6、G3に続くゲーミングデスクトップPCで、片手で容易に持ち上げられる16リットルの省スペースにもかかわらず、主要VR HMDの再生にも対応するハイスペックを実現させました。プロセッサが第6世代Intel Coreシリーズ、GPUはNVIDIA GeForce GTXシリーズ(最上位はTitan X)。64GBのDDR4メモリ、最大4TBのHDDまたは512GBのSSDを搭載します。価格は2299ドルからで、LANパーティなどに便利な専用ハードキャリーも発売されます。

PREDATOR 17X


「G1」と共に4月に発表された新製品で、NVIDIAの「GeForce VR-Ready」を認定済み。CPUにIntel Core i7-6820HK、GPUにGeForce GTX 980、液晶にFHD(1920×1080)またはUHD(4K: 3840×2160)のIPSパネルを搭載しています。厚さ0.1ミリという世界最薄級のファンを有する、同社ならではの「Acer Aeroblade Technology」を搭載。数少ない国産ゲームの『DARK SOULS III』によるデモが印象的でした。
《小野憲史》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『グラブル リリンク』君は勝てるか…超高難度クエスト「ルシファー戦」が3月14日配信!機能調整や有料コンテンツも追加予定

    『グラブル リリンク』君は勝てるか…超高難度クエスト「ルシファー戦」が3月14日配信!機能調整や有料コンテンツも追加予定

  2. “非常に好評”から“やや好評”となった『Last Epoch』は「存続します」―開発者がアップデート継続を約束

    “非常に好評”から“やや好評”となった『Last Epoch』は「存続します」―開発者がアップデート継続を約束

  3. 個性的な美少女たちがはちゃめちゃに争う無料パーティゲーム『アストラル☆パーティー』Steamで配信開始―直接殴り合うかスキルで立ち回るか

    個性的な美少女たちがはちゃめちゃに争う無料パーティゲーム『アストラル☆パーティー』Steamで配信開始―直接殴り合うかスキルで立ち回るか

  4. これがホントの“ゲームクリア”!?『スカイリム』でできることはやり尽くしたと豪語するプレイヤー―MODは不使用、レベルは1337に

  5. 地獄でお金を稼いでいくRPG『ゴーヘルゴー つきおとしてこ』3月28日から8月29日へ発売延期―元アリスソフトスタッフが手がける「つきおとしてくRPG」

  6. 12ドルからサンドボックスタイトル特盛り!『Trailmakers』『TerraTech』『Necesse』などSteamキーセットのバンドル登場

  7. 『サイバーパンク2077』および「仮初めの自由」にパッチ2.12配信―「Pコア優先」設定でのスタッタリング問題修正など

  8. 『マビノギ英雄伝』世界の完全新作ACT『Vindictus: Defying Fate』発表映像とSteamページ公開!

  9. 『マドゥーラの翼』『東海道五十三次』『リップルアイランド』を収録!クラファンで目標の300%以上を達成した『SUNSOFT is Back! レトロゲームセレクション』Steamストアページ公開

  10. 『Mortal Kombat 1』DLCキャラクター「ピースメイカー」先行アクセス開始! 平和の使者がDCコミックからゲスト参戦

アクセスランキングをもっと見る

page top