『オーバーウォッチ』プレイヤー考案の新競技「ゲンジバドミントン」が流行の兆し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』プレイヤー考案の新競技「ゲンジバドミントン」が流行の兆し

韓国の『オーバーウォッチ(Overwatch)』チーム「Artisan」および「Quix」のYouTubeチャンネルより、同作登場キャラ“ゲンジ”のスキルを使ったアクロバティックな新スポーツの様子が披露されています。

ゲーム文化 LOL
『オーバーウォッチ』プレイヤー考案の新競技「ゲンジバドミントン」が流行の兆し
  • 『オーバーウォッチ』プレイヤー考案の新競技「ゲンジバドミントン」が流行の兆し
  • 『オーバーウォッチ』プレイヤー考案の新競技「ゲンジバドミントン」が流行の兆し

『League of Legends』や『Dota 2』、『Heroes of the Storm』などの源流にある「Dota」が元々『Warcraft3』Modであったことは、ゲーム史の中でも興味深いファクターと言えるでしょう。そんな「ゲーム内に用意された要素を使ってオリジナルゲームを作る」という試みが、いよいよ『Overwatch』プレイヤーの間でも広まりだした様子。とある韓国チームが挑戦した新感覚のハードコアスポーツ「ゲンジバドミントン」実践映像は、公開から2日で31万再生を突破。そのユニークなルールに、海外ユーザーからも大きな注目が寄せられています。

敵の攻撃を弾き返すスキル「木の葉返し」は、“ゲンジ”の軽快なメレーコンバットを彩る大きなアクセントのひとつ。彼の技に注目した韓国チーム「Artisan」および「Quix」は、“ジャンクラット”のグレネードをシャトルに見立てて、やけにアクロバティックな新感覚バドミントンを考案しました。


概ね実際のバドミントンのルールに基づいているようですが、「木の葉返し」に失敗すればそれなりのダメージを受け、場合によっては審判的な立ち位置となる“ジャンクラット”自身も被害を被ることも。ネットを張る退屈な役回りに配された“マーシー”の健気かつ何気ない活躍にも要注目です。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

    VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

  2. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

    「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  3. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  4. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  5. Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

  6. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  9. 実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督がソニックのデザイン変更を約束―多くの声を受けて

  10. ニンジャスレイヤー=サン参戦!『AREA 4643』v1.1アップデート配信―出撃しなさい

アクセスランキングをもっと見る

1
page top