仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ

ゲーム文化 イベント

仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ
  • 仰天コラボ続々!「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」イベントレポ

7月9日、大崎ブライトコアホールにて行われた『デッド オア アライブ』シリーズファン感謝祭イベント「DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2016」。シリーズ作品に関する新情報が飛び出し、様々な催しが開かれた本イベントのレポートします。




本イベントは、格闘ゲームシリーズ最新作『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』と、女の子たちが南の島でバカンスを楽しむスピンオフシリーズ最新作『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』を中心にした『デッド オア アライブ』ファンのためのお祭り。ユーザー参加型プログラムが多く用意されており、女性キャラクターを自由に撮影するフォトコンテスト、コスプレコンテスト、イラストコンテストなどが実施されました。


コンテスト出場作品も掲示


なかでも、メインプログラムとして予定されている「DEAD OR ALIVE 5 Last Round Battle Royal 2016 アジアラウンド」では、日本、アジア各国からの強豪選手がトーナメントの頂点を競い合い、優勝選手には、『DOA5LR』の世界各国代表者が集う世界一のプレイヤーを決める公式トーナメント「Battle Royal 2016 Finals」(米フィラデルフィア開催)の出場権および渡航サポートが賞品として贈られる一大トーナメントとなっています。


フォトコンテスト候補作品の例

最初に行われたのは『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』、『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』のキャラクターたちを撮影するフォトコンテストです。クール、キュート、セクシー、ギャグの4部門に分かれて、趣向を凝らした作品が登場。ニコ生投票、会場投票、審査員投票によって優勝作品がそれぞれ決められ、各部門の素晴らしいフォトがしのぎを削りあいました。


イラストコンテストで優勝したJP_909さんの作品

続いて、イラストコンテストの優秀作品発表が実施。優秀作品は、Web投票を勝ち抜いた10点の中から選ばれる方式となっており、Team NINJA公式TwitterなどWebでその上位10点が、事前に発表済みでした。どれもシリーズ愛に溢れた作品ばかりでしたが、JP_909さんの作品「Eye 4 an eye」が優秀作品に輝いています。


水着が破れる仕様は検討中

次に『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』の最新情報として、今後のアップデート展開が予告。まずは美少女スポ根バトルアニメ「競女!!!!!!!!」とのコラボレーション企画が進行中であることが明かされ、作中に登場する競女養成学校の水着が登場したり、どんけつゲームで水着が破れたりといった様々な要素を検討中とのことです。


PS VR版体験会も予定


今後追加予定のコンテンツ

また、かねてより発表されていたPS VRへの対応は、PS VRローンチ日と同タイミングでアップデートとして配信予定。このイベント会場内で参加抽選が行われたVR版体験会は、2016年秋のTGS前には行いたい、としています。そのほか、アイテムやコスチュームなども続々と追加されていく予定です。




コスプレコンテストでは、シリーズ作品のキャラクターたちに扮したコスプレイヤーたちが、完成度の高いコスプレを披露。さらに、Designer's Challenge 2016 Awardsでは、ユーザーから寄せられたコスチューム案の数々が登場しました。



そして、本イベントのメインプログラム「DEAD OR ALIVE 5 Last Round Battle Royal 2016 アジアラウンド」本選がスタート。初戦から激しい戦いが展開した本選では、日本ユーザー以外にも韓国や台湾、アメリカなどのユーザーが参加する国際色豊かな試合が展開しました。会場からどよめきと歓声が起こる劇的なマッチが何度も展開するなか、決勝に駒を進めたのは日本の輝Rock選手とアメリカのUGS XCailbur Bladez選手。



決勝戦にふさわしい試合でしたが、勝利したのはUGS XCailbur Bladez選手でした。同選手には、アメリカ、ペンシルベニア州の格闘ゲーム大会「NEC XVII」内にて開催される『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』公式トーナメント「Battle Royal 2016:The Grand Finals」への出場権と渡航サポートが贈られます。


決勝を戦った輝Rock選手(左)、UGS XCailbur Bladez選手(右)



スペシャルゲスト:相沢舞さん(ローズ・マリー役)


コーエーテクモ、早矢仕洋介氏

興奮冷めやらぬなか始まった『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』最新情報では、本作が10月に行われる「闘神祭2016」1Day Match Carnival種目へ採用されることが発表。また、人気コミック/アニメ「進撃の巨人」とのコラボレーションも告知され、同作品をベースにしたコスチューム、ステージが7月19日より配信されます。



コスチュームは単体販売のほか全セットバージョンも用意

ほかにも、『THE KING OF FIGHTERS』シリーズの女性格闘家チームコスチューム(9月配信)やアクアプラス作品(12月配信)ともコラボしており、多様なコスチュームが今後もゲットできるようです。







さらに、より多くの新規要素を追加する「シーズンパス5」コンテンツも今後登場していくことが告知さえたほか、最後には、『KOF』シリーズとのもう1つのコラボとして、プレイアブルキャラ「不知火舞」が電撃参戦を果たすという、発表が行われました。同キャラは9月に配信を予定しているとのことです。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

    日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

  2. スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

    スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

  3. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

    e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  4. 『フォーオナー』「剣聖」1/4大型リアルスタチュー登場!初回限定50体

  5. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  6. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  7. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  8. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

アクセスランキングをもっと見る

page top