全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場

11月8日に投票日を控え、大詰めを迎えたアメリカ合衆国大統領選挙。そんな中、ボディーガードとなって、暗殺者の凶弾から大統領候補を守るアクションゲーム『Mr.President!』がSteamにて10月10日に発売されます。

ゲーム文化 インディーゲーム
全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場
  • 全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場
  • 全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場
  • 全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場
  • 全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場
  • 全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場
  • 全速力で大統領候補を守り抜け!インディーACT『Mr.President!』Steamに登場

11月8日に投票日を控え、大詰めを迎えたアメリカ合衆国大統領選挙。そんな中、ボディーガードとなって、暗殺者の凶弾から大統領候補を守るアクションゲーム『Mr.President!』がSteamにて10月10日に発売されます。





本作の基本的なゲーム内容は、何処かで見たような名前の大統領候補が暗殺者の凶弾に倒れることが無いよう、素早く大統領候補に近付き、その身をもって弾丸をブロックする、というシンプルなもののようですが、注目すべきはその挙動。





Steamストアのムービーでも見られるように、明らかに何かがおかしいレベルで盛大に壊れるオブジェクトに、ラグドール効果の効いたプレイヤーや大統領候補の挙動はコントか何かかといった具合。意味不明な状況やロケーションを含む、異なる計50面以上のステージが用意されており、ブラックな笑いを味わうことができるようです。また、本作と同名で、基本的な内容が同じフリーソフトが2013年にリリースされていますが、両者の関連性は不明です。





『Mr.President!』はSteamにて2016年10月10日に発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  3. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  4. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  7. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  8. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  9. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  10. 『LIMBO』『To The Moon』にインスパイアされたダークなパズルACT『Inmost』トレイラー

アクセスランキングをもっと見る

page top