仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド

フランスのインディーデベロッパーMidgar Studioが開発している新作RPG『Edge Of Eternity』。本作の最新スクリーンショットが披露されています。

ゲーム文化 インディーゲーム
仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド
  • 仏産RPG『Edge Of Eternity』最新ショット!光田康典参加のJRPG風オープンワールド

フランスのインディーデベロッパーMidgar Studioが開発している新作RPG『Edge Of Eternity』。本作の最新スクリーンショットが披露されています。



わずか4人で開発をしている本作は、クラシックなJRPGへのトリビュートタイトル。ゲージが溜まったキャラクターから行動できるATB(アクティブタイムバトル)システムをベースとし、キャラだけでなく武器にも設定された経験値システムやオープンワールド、そして分岐するストーリーが搭載されています。




2015年にKickstarterが実施され、44,000ドルを目標にしていましたが、4,045人から161,246ドルを調達する大成功を収め、初期ゴールおよびストレッチゴールを達成。様々なゲーム音楽を制作してきたことで知られる作曲家、光田康典氏も今作に参加を果たしました。

光田康典氏が登場するレコーディング映像

『Edge Of Eternity』はPS4/Xbox One/PC(Windows/Mac/Linux)を対象に開発中。2016年にはリリースしないとのことなので、2017年以降のリリースとなりそうです。なお、Kickstarterページでは、本作のプレアルファ版体験版がWindows/Mac/Linux向けに配信されています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

    自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

  2. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

    VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  3. 小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

    小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

  4. 『シェンムー』開発舞台裏に迫るNetflixドキュメンタリー「A Gamer's Journey」予告編!

  5. 仲間と協力して線路を敷設するCo-op鉄道工事ゲーム『Unrailed!』早期アクセス開始

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. 「X019」発表内容ひとまとめ【X019】

  8. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『スカイリム』海外Mod作者…ラムを飲んだらきれいなテクスチャができていた

アクセスランキングをもっと見る

page top