山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート

PlayStation Experience 2016で、メディア向けに『GT SPORT』のプレゼンテーションを山内一典氏自らが実施、同タイトルのテクニカルビジョンについて語りました。

家庭用ゲーム PS4
山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート
  • 山内一典が最先端走る『GT SPORT』の映像技術―メディアプレゼンレポート

PlayStation Experience 2016で、メディア向けに『グランツーリスモSPORT (GT SPORT)』のプレゼンテーションを、ポリフォニー・デジタル山内一典氏自らが実施、同タイトルのテクニカルビジョンについて語りました。

プレゼンテーションは最初に画質の話題からスタート。『GT SPORT』は、4K60p/HDR/ワイドカラー/VR全てに対応し、4K60pに関しては、1080pのチェッカーボードレンダリングでPS4 Proのみ対応。また、HDRやワイドカラーは通常のPS4とPS4 Proのどちらにも対応するとのこと。

ポリフォニー・デジタルでは3年前からHDRに取り組んでおり、世の中にはまだHDRイメージがなく、対応したキャプチャデバイスも存在しなかったため、ソニーのカメラ部隊と共同で開発し、キャプチャデバイスの開発から実施。その結果、メタルカメラの100倍のレンジを持つデバイスが完成したのだとか。

ターゲットにしている明るさは10,000litで、通常のTVが100litなので、約100倍の明るさ。既に発売されているSDR(スタンダードダイナミックレンジ)のTVから、現在のHDR対応TV、未来に発売されるHDR対応TVにも『GT SPORT』が一貫して対応していると明かしました。


ワイドカラー(高色域)に関しても、HDR同様まだ世の中に存在しなかった3年前から取り組んでおり、光の波長を計測するスペクトルベースのカメラを使用(通常はRGBベース)し、『GT SPORT』を開発したとのこと。実在の自動車の約11%は、sRGBの範囲に収まっておらず、正確に表現ができなかったそうで、例を挙げると、フェラーリの赤も今までは間違った赤を表示していたものが、『GT SPORT』になって初めて、正しいフェラーリレッドを表現できるようになったということです。データキャプチャー、マテリアルの制作、レンダリング、アウトプットの段階まで、一貫してワイドカラーでワークフローを作っていると強調しました。


『GT SPORT』は、今後のHDR映画や次世代のBlu-Rayが対応する色空間であるdcip3よりも広いBT.2020を採用。ここでフォトモードにて物質を変更していくムービーを披露した山内氏は、「4K60p/HDR/ワイドカラーのようなクオリティの映像は、18Gbpsにも及ぶ映像ストリームで、これらを取り扱えるのは、録画再生機器、放送はもちろんのこと、HDRの映画館でも取り扱えず、ビデオゲーム機しかないと思う。初めてビデオゲームが出力する映像のクオリティが、その他の映像メディアを超える"ある意味"での歴史的な瞬間だと思う」と熱く語りました。


PlayStation Experienceのショーフロアに展示してある『GT SPORT』デモでは天候や時間を変更することができ、完全なHDRで描写されているとのこと。「僕らが何気なく普段見ている光の違いを正確・繊細に表現するというのは『Gran Turismo 1』から一貫しているテーマでもあるため、僕らは20年間ずっと同じことをやっていることになります」と笑いを交えながらも、ブレていないテーマがあることを強調しました。
《Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

    『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  2. 「Switch Proが発表されました」―新型スイッチの登場を報じたBloomberg、そのレポーターによるジョークが話題に

    「Switch Proが発表されました」―新型スイッチの登場を報じたBloomberg、そのレポーターによるジョークが話題に

  3. 『ポケモンユナイト』スイッチ版が基本プレイ無料で7月配信決定!6月24日より誰でも参加可能なネットワークテスト開催

    『ポケモンユナイト』スイッチ版が基本プレイ無料で7月配信決定!6月24日より誰でも参加可能なネットワークテスト開催

  4. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【5月31日】―「ゲオアプリ」の抽選販売が幕開け、6月3日まで受付中

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』DLC第1弾「古代の鼓動」配信開始―マスターバイクで戦場を駆け、歴戦のガーディアンで敵を蹂躙しろ!

  6. 『真・女神転生V』ファン待望の実機プレイ公開!物語や主人公、禁忌の存在「ナホビノ」の詳細も明かされた生特番ひとまとめ

  7. 『戦国無双5』データ引き継ぎ対応の「体験版」配信!新たな無双アクションを一足先に楽しもう

  8. 桜井政博氏が『はじめてゲームプログラミング』で“試しにゲーム作ってみた”!射撃と加速が同じボタンという絶妙な仕様のSTG

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. 女の子だけの百合ADV『こちら、母なる星より』発表!荒廃した無人の池袋で、6人の女の子が“仲良く”サバイバル

アクセスランキングをもっと見る

page top