ニンテンドースイッチにグラフィックAPIの「Vulkan」や「Open GL 4.5」が対応予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニンテンドースイッチにグラフィックAPIの「Vulkan」や「Open GL 4.5」が対応予定

Khronosは、グラフィックAPI「Vulkan」や「Open GL 4.5」、そして「 OpenGL ES 3.2」が、NVIDIAのTegraプロセッサーを搭載した任天堂の次世代ゲーム機であるニンテンドースイッチに対応予定である事を明らかにしました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
ニンテンドースイッチにグラフィックAPIの「Vulkan」や「Open GL 4.5」が対応予定
  • ニンテンドースイッチにグラフィックAPIの「Vulkan」や「Open GL 4.5」が対応予定
Khronosは、グラフィックAPI「Vulkan」や「Open GL 4.5」、そして「 OpenGL ES 3.2」が、NVIDIAのTegraプロセッサーを搭載した任天堂の次世代ゲーム機であるニンテンドースイッチに対応予定である事を明らかにしました。

グラフィックAPIのVulkanは、2016年2月にリリースされたハードウェア側に近い低レベル(Low Level)な層へのアクセスを可能にしたAPI(制御技術)で、NVIDIAのGTXシリーズやIntelのHD Graphicsシリーズ、AMDのRadeonシリーズなどが対応しています。ハードウェアの性能を引き出せる機械側に近いレベルで調整できる事が特徴で、DirectX 12やかつて存在したMantleなどが(Mantleの技術はVulkanに受け継がれている)その機能を備えています。なおクロスプラットフォームに対応するOpen GL 4.5も、モバイル向けのOpenGL ES 3.2も同じグラフィックAPIです。

ニンテンドースイッチが、3種類のAPIをどのように活用するのかは現時点で発表されていませんが、持ち運びとドック時を想定したものかもしれません。今後の発表にも注目が集まります。

UPDATE: タイトルの誤字修正と記事を一部追記しました。コメントでのご指摘ありがとうございました。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『DEATH STRANDING』日本特別編集映像“Connect”公開ー誰かの痕跡が、絆になる

    『DEATH STRANDING』日本特別編集映像“Connect”公開ー誰かの痕跡が、絆になる

  2. ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』新DLC「Stranger Sins」10月29日配信!今度は酒場の主に…?

    ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』新DLC「Stranger Sins」10月29日配信!今度は酒場の主に…?

  3. スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

    スイッチ版『ディヴィニティ:OS2』「あらかじめダウンロード」販売開始―新アビリティ「召喚術」詳細情報も公開

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  5. 超能力とサービスウェポンに焦点を当てた『CONTROL』国内向け新情報!

  6. ゲームで楽しくフィットネス!任天堂の新たな健康サポートゲーム『リングフィットアドベンチャー』本日10月18日発売

  7. ハクスラ型アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』国内PS4向けに2020年1月30日発売決定!

  8. 『ファイプロ ワールド』選手の「入場シーン」をカスタムできる新DLCが配信決定!

  9. ゲームフリーク最新作『リトルタウンヒーロー』発売!『UNDERTALE』Toby Fox氏がBGM提供する新感覚RPG

  10. 『仁王2』信長と縁ある「濃姫」&「今川義元」登場!新妖怪やステージなど最新情報公開―あの“桶狭間”も物語の舞台に

アクセスランキングをもっと見る

1
page top