Valve、豪州で約2.5億円の罰金支払いーSteam返金システム訴訟で | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、豪州で約2.5億円の罰金支払いーSteam返金システム訴訟で

Sydney Morning Heraldは、2016年3月にValveの敗訴が確定した、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)との、Steamの返金システムを巡る訴訟の賠償責任として、Valveに300万豪ドル(約2.5億円)の罰金支払いが課されることが決定したと報じています。

ニュース ゲーム業界
Valve、豪州で約2.5億円の罰金支払いーSteam返金システム訴訟で
  • Valve、豪州で約2.5億円の罰金支払いーSteam返金システム訴訟で
オーストラリアのニュースサイトSydney Morning Heraldは、2016年3月にValveの敗訴が確定した、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)との、Steamの返金システムを巡る訴訟の賠償責任として、Valveに300万豪ドル(本記事執筆時点では約2.5億円)の罰金支払いが課されることが決定したと報じています。

この訴訟は、2014年にオーストラリアの行政機関、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)が、当時のSteamに返金システムが存在していなかったことを受けてValveに対して行ったもの。かつてのSteamでは返金システムが存在していなかったほか、利用規約上にて「Steamに関して発生するあらゆる料金、およびSteam Walletを利用して行われる購入のすべては、本規約に明確な規定がない限り、支払い方法を問わず前払いとし、全額または一部を問わず返金されません」とされていました。

オンライン上の他国の企業を裁けるのかという部分が大きな焦点となった本裁判ですが、最終的には2016年3月に、連邦裁判所が、Valveがオーストラリア国内で事業を行っていたと判断したことによってValveの敗訴が確定。最終的な賠償責任を追及する公聴会などが行われていました。

今回決定した300万豪ドルの罰金については、Steam返金システム実装以前にはオーストラリアの法律に基づかない虚偽の内容を消費者に認識させていたことなど、「オーストラリアの法への関心と協力の欠如」を理由として、懲罰的にValve側から提示されていた額の12倍もの額となった模様です。またValveは、コンプライアンスプログラムに参加し、オーストラリアのウェブサイトに返金の権利について告知を出すことも求められています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

    『龍が如く7 光と闇の行方』「強くてニューゲーム」や「2周目限定の高難易度モード」などを含む有償追加DLC「やり込み拡張パック」を発表

  2. WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』DLC「La Resistance」2月25日リリースーバニラ版の無料プレイも

    WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』DLC「La Resistance」2月25日リリースーバニラ版の無料プレイも

  3. コジプロやSIEに続いてEAの「GDC2020」出展中止が明らかに―同社スタッフが報告

    コジプロやSIEに続いてEAの「GDC2020」出展中止が明らかに―同社スタッフが報告

  4. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』イマーシブモードおよび「エンジニア」クラスが今春に延期と発表

  5. 『オーバーウォッチ』実験モード第1弾、アタッカーが3名になる「トリプルダメージ」の詳細発表―現地時間2月25日からテスト開始予定

  6. CD Projektがヨーロッパで2番目の市場価値を持つビデオゲーム開発会社へと躍進―『ウィッチャー3』の大幅売上増など影響

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. コジプロが2020年のGDC参加中止を表明―新型コロナウィルス懸念のため

  9. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

page top