『Ladykiller in a Bind』Steamで販売決定―開発者はValveの性的描写基準に言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Ladykiller in a Bind』Steamで販売決定―開発者はValveの性的描写基準に言及

社会的問題を扱ったSFアドベンチャー『Analogue: A Hate Story』で知られるLove Conquers All Gamesは、PC向け新作ビジュアルノベル『Ladykiller in a Bind』がSteamにおいて無規制での販売許可を得たことを発表、ストアページを公開しています。

PC Windows
『Ladykiller in a Bind』Steamで販売決定―開発者はValveの性的描写基準に言及
  • 『Ladykiller in a Bind』Steamで販売決定―開発者はValveの性的描写基準に言及
  • 『Ladykiller in a Bind』Steamで販売決定―開発者はValveの性的描写基準に言及
  • 『Ladykiller in a Bind』Steamで販売決定―開発者はValveの性的描写基準に言及

社会的問題を扱ったSFアドベンチャー『Analogue: A Hate Story』で知られるLove Conquers All Gamesは、PC向け新作ビジュアルノベル『Ladykiller in a Bind』がSteamにおいて無規制での販売許可を得たことを発表、ストアページを公開しています。


この『Ladykiller in a Bind』は、双子の兄弟に変装し、彼が通う高校の卒業記念クルーズへと潜り込むことになった主人公の女性が、7日間のクルーズで上流階級的な社会関係ゲームに巻き込まれていく内容。物語のテーマとして、社会的ステータスの操作、BDSMや異性装、レズビアンの性的交渉を扱っています。


本作は、物語に内包された強い性的メッセージを理由としてか、Steamでの販売可能性は低いとされており、先んじて公式サイトにて販売を行っていました。しかしながら、今回のSteamリリースではゲーム内容は一切無規制となるとのことです。



Love Conquers All Gamesの代表でありシナリオライター、Christine Love氏は本件について、Twitter上で「私が知る限り、Valveには性的描写に関する特定の規制ポリシーはない」と述べており、Valveとの交渉の結果、本作の無規制でのSteam発売へと至ったことを明らかにしています。

『Ladykiller in a Bind』はPC/Mac/Linux向けに、公式サイトで30ドルにて販売中です。Steamでは2017年1月10日に発売予定となっています。なお、公式サイトにて購入したユーザーには、Steamでの販売に合わせてSteamキーも発行されるとのことです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC版『レッド・デッド・リデンプション2』がSteamにて配信開始!

    PC版『レッド・デッド・リデンプション2』がSteamにて配信開始!

  2. Epic Gamesストアから『Jotun: Valhalla Edition』の無料配布がスタート、次回は『The Escapists』

    Epic Gamesストアから『Jotun: Valhalla Edition』の無料配布がスタート、次回は『The Escapists』

  3. 『ボーダーランズ3』ストーリーDLC「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」冒頭13分の映像公開

    『ボーダーランズ3』ストーリーDLC「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」冒頭13分の映像公開

  4. サイバーパンクADV新作『Beyond a Steel Sky』の発売は2020年に―『Beneath A Steel Sky』の続編

  5. 『ディビジョン2』日本時間12月11日よりアップデート「TU6.1」配信ーパーマデス仕様のハードコアモードが追加

  6. 『真・三國無双8』DLCセットの特別版3種が発売!追加武器、追加シナリオ、シーズンパスなど

  7. 半裸男たちの肉弾バトル『Paunch』Steam配信開始!何これ……

  8. フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは

  9. PC/Xbox One版『Halo: Reach』配信開始! Steamだけでピーク時約16万人がプレイ、日本語吹替・字幕対応

  10. 「『ディアブロ IV』のシステムデザイン」更新―今回のテーマは「アイテムのコンセプトについて」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top