29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明…

1988年にサン電子よりファミリーコンピュータ向けに発売されたアクションゲーム『超惑星戦記 メタファイト(Blaster Master)』。本作のグリッチが意図せず発見される珍しい出来事が海外ゲームイベントで発生しました。

ゲーム文化 レトロゲーム
29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明…
  • 29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明…
  • 29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明…
左の画面がSkavenger216氏

1988年にサン電子よりファミリーコンピュータ向けに発売されたアクションゲーム『超惑星戦記 メタファイト(Blaster Master)』。本作のグリッチが意図せず発見される珍しい出来事が海外ゲームイベントで発生しました。

29年前のゲームのグリッチが発見されたのは、現地時間1月15日まで開催中の海外ゲームチャリティイベント「Games Done Quick」にて行われたShiningdragoon氏とSkavenger216氏の『超惑星戦記 メタファイト』スピードラン対決内(Any%)。先行されていたSkavenger216氏が、2面のボスCrabullusに挑もうとしたところ、部屋には敵を倒した際にドロップするはずの武器のみが鎮座しています。


これには、プレイヤーはもちろん、観客も驚きを隠せない様子。海外メディアMashableによれば、結局Skavenger216氏は大幅な時間短縮となったこのグリッチを活かせず、Shiningdragoon氏の46秒後にクリアしたそう。このグリッチの再現方法は分かっていないようで同メディアは、この再現方法が分かればスピードラン時間を削られるだろう、と伝えています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

    Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

  2. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  3. ニンジャスレイヤー=サン参戦!『AREA 4643』v1.1アップデート配信―出撃しなさい

    ニンジャスレイヤー=サン参戦!『AREA 4643』v1.1アップデート配信―出撃しなさい

  4. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  5. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  6. 『真・三國無双8』鈴鹿8耐コラボに女性キャラが追加参戦!レースクイーンとなった孫尚香、関銀屏、王元姫、甄姫がチームを応援

  7. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  8. 『モンスターファーム』公式Twitter、2ヶ月半ぶりに新たな動き─ホリィ「お金たまった?」

  9. 野良はつらいよ―『Apex Legends』で勝てない男を描くファンメイドアニメが公開

  10. 「BitSummit 7 Spirits」にSIEが出展ーPS Storeインディーズゲームセールは5月31日から

アクセスランキングをもっと見る

1
page top