ZeniMax MediaがEscalation Studiosを買収―新生『DOOM』開発協力のデベロッパー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ZeniMax MediaがEscalation Studiosを買収―新生『DOOM』開発協力のデベロッパー

ZeniMax Mediaは、新生『DOOM』の開発協力や『Please, Don't Touch Anything 3D』で知られるデベロッパーEscalation Studiosを買収したことを発表しています。

ニュース 発表
ZeniMax MediaがEscalation Studiosを買収―新生『DOOM』開発協力のデベロッパー
  • ZeniMax MediaがEscalation Studiosを買収―新生『DOOM』開発協力のデベロッパー
ZeniMax Mediaは、新生『DOOM』の開発協力や『Please, Don't Touch Anything 3D』で知られるデベロッパーEscalation Studiosを買収したことを発表しています。

Escalation Studiosは、業界経験者のTom MustaineとMarc Tardifによって2007年に設立された、テキサス州ダラスを拠点とするデベロッパー。発表によれば、現在Escalation Studiosはゼニマックス・グループの多数のプロジェクトに参加しているとのこと。

Escalation Studiosの共同代表取締役、Marc Tardif氏はこの買収について、「ゼニマックスは、業界の象徴ともいえるタイトルをいくつも手掛けています。そのような素晴らしいグループの一員になれることを我々のスタジオ全員が光栄に思っています」 とコメント。同様に、Tom Mustaine氏は「Escalationをここまで成功に導いてくれた素晴らしいチームを誇りに思っています。ゼニマックスのような 素晴らしい会社のサポートを受けることで、今後がさらに楽しみです」 と語っています。

両者とも明るいコメントを述べており、今後もPC、コンソール、モバイル、VRと様々な分野での更なる活躍を期待することができそうです。
《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『モンスターハンターライズ』PS/Xboxコンソール版とWindows版が電撃発表、新機能を追加して2023年1月配信!GamePassでも発売初日から提供

    『モンスターハンターライズ』PS/Xboxコンソール版とWindows版が電撃発表、新機能を追加して2023年1月配信!GamePassでも発売初日から提供

  2. スマホで3Dスキャンできるアプリ「RealityScan」が正式リリース―写真撮影で誰でも3Dモデルが作れるように

    スマホで3Dスキャンできるアプリ「RealityScan」が正式リリース―写真撮影で誰でも3Dモデルが作れるように

  3. 『ポケモン』ゲームフリーク開発の『ソリティ馬』新作と思われる商標が出願―「ソリティア」×「競馬」異色コラボな作品

    『ポケモン』ゲームフリーク開発の『ソリティ馬』新作と思われる商標が出願―「ソリティア」×「競馬」異色コラボな作品

  4. 伝説のパソコン「X68000」を現代に蘇らせるクラウドファンディング―オリジナルOSを再現したエミュレーターを搭載

  5. 『マスエフェクト』リマスター3部作や『バイオミュータント』が登場!「PS Plus」12月度フリプタイトルが公開

  6. ケイブ『東方Project』公認二次創作タイトルがリリース延期へ―横スクSTGを彷彿させる開発中画像も公開

  7. 『Starfield』開発中のトッド・ハワード氏がスペースXを訪問―イーロン・マスク氏とも会話

  8. Googleが世界で初めてカセット式ゲーム機を開発した偉人を祝うミニゲーム公開!アクションゲームを作っていじれる

  9. 恐竜が主人公の『GTA』!?最初期のゲーム内容を当時の開発メンバーが明かす

  10. Steamオータムセール最安値を追え!気になるあの7本のタイトルはお買い得?

アクセスランキングをもっと見る

page top