【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

PC Windows

【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで
  • 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

クラウド技術を活用し、様々な対応デバイスでPlayStation 3(以下、PS3)のソフトを楽しめるストリーミングサービスPlayStation Now(以下、PS Now)は、180を超えるタイトルをクラウドサーバー上で気軽に楽しむことができるユニークなサービスです。

現在、複数の対応デバイスで楽しめる「PS Now」ですが、今年の2月16日に一部デバイスへのサービス終了を発表。「PlayStation Vita」「PlayStation Vita TV」「ソニー製 液晶テレビ ブラビア」「ソニー製 ブルーレイディスクプレーヤー」に向けたサービスは、2017年5月15日または8月15日に終了を迎えることが判明しています。

選択肢が減ってしまうのは残念ですが、「PS Now」のサービス展開は更なる方向性を提案し、新たな対応デバイスとして、「Windows PC」が追加に。3月21日より、いよいよPCでPS3ソフトを遊べるようになりました

PCへの対応をきっかけに、PS3ソフトに初めて触れるという方もいることでしょう。また、プレイする機会のなかったタイトルをPCで遊んでみるというのも一興です。そんな方々に向け、「PS Now for PC」で楽しめるゲームタイトルを一部ご紹介します。よければ参考にどうぞ。なお、一部タイトルはPS4版などもリリースされているので、その点にはご注意ください。

◆「PS Now for PC」を遊ぶためには
■PC版「PS Now」に必要なもの
・推奨スペックのPC
・DUALSHOCK4 ワイヤレスコントローラー(USBケーブル or DS4 USB ワイヤレスアダプター接続)、もしくはDUALSHOCK3 ワイヤレスコントローラー(USBケーブル接続)
・5Mbps以上のインターネット接続
・PlayStation Networkアカウント
・「PS Now」有料サービスへの加入、または7日間無料体験への加入
・「PlayStation Now for PC アプリ」のインストール

■PC 推奨スペック
・Windows 7 SP1、8.1、または10
・300MB以上の空き容量
・2GB以上のRAM
・プロセッサー:3.5GHz Intel Core i3または3.8GHz Amd A10以上
・サウンドカード、USBポート

◆3月21日より配信されるタイトル
「PS Now for PC」のスタートと同日となる3月21日より、新たな配信タイトルが追加されます。この13タイトルが加わることで、配信数は200タイトルを突破。遊ぶタイトルの選択肢が更に増え、サービス内容がより充実したものに。こちらでは、新たに追加されたタイトル名をご紹介します。

■マジカルビート
■魔都紅色幽撃隊 DAYBREAK SPECIAL GIGS
■マリシアス
■PixelJunk Eden
■PixelJunk サイドスクローラー
■PixelJunk シューター
■PixelJunk シューター2
■PixelJunk モンスターズ
■PixelJunk レーサーズ 2nd Lap
■Orc Attack
■Tiny Troopers Joint Ops
■Unmechanical: Extended
■マシナリウム

◆多彩なシリーズ作品をご紹介
「PS Now」の定額制サービスならば、対象タイトルを期間内に何本遊んでも追加料金は一切かかりません。その特徴を活かして、シリーズものを一気に遊んでみるというのはいかがでしょうか。こちらでは、まとめて楽しめるシリーズ作品をいくつかご紹介します。

【『アトリエ』シリーズ】


■新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~
■トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~
■メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~


■アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~
■エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ PlayStation 3 the Best
■シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ PlayStation 3 the Best

初代PS時代より始まった、錬金術をテーマとしたRPGシリーズ。その歩みの長さに相応しいタイトル数を重ねており、それだけにどこから始めればいいか悩む方も多いのでは。近作「不思議」シリーズのひとつ前に当たる「黄昏の世界」シリーズ三部作、またはさらに前の「アーランド」シリーズから始めて見るのはいかがでしょうか。シリーズごとにキャラクターデザインも異なるので、絵柄が気に入った方をプレイしてみるのも一興です。

【『アンチャーテッド』シリーズ】
■アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
■アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
■アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
トレジャーハンター「ネイサン・ドレイク」が繰り広げる、数々の冒険をアクションアドベンチャーとして描いたシリーズ。足がすくむような秘境をリアルに描く描写力や、スケールの大きな仕掛けに挑む謎解き、また敵対勢力との激しい銃撃戦など、アクション映画をそのままアクションゲームにしたような興奮と手応えを満喫できます。

本シリーズは、最新作にしてネイトの結末を描く『海賊王と最後の秘宝』がPS4でリリースされていますが、そこに至るまでの物語を「PS Now」でプレイ可能。この三作を楽しんだ後は、PS4『海賊王と最後の秘宝』や、スピンオフ作品であるPS Vita『地図なき冒険の始まり』などのプレイも視野に入れてみては。

【『英雄伝説』シリーズ】


■英雄伝説 空の軌跡FC:改 HD EDITION
■英雄伝説 空の軌跡SC:改 HD EDITION
■英雄伝説 空の軌跡 the 3rd:改 HD EDITION


■英雄伝説 閃の軌跡 PlayStationR3 the Best
■英雄伝説 閃の軌跡II

『英雄伝説』シリーズは多岐に渡っていますが、近年では『空の軌跡』と『閃の軌跡』が展開。『空の軌跡』はPC版から始まり、PSPを経てPS3に登場。いずれもRPG好きから高い評価を集めました。PS3版は大画面で楽しめるのも、嬉しいポイントです。『閃の軌跡』シリーズは、家庭用ゲーム機専用タイトルとしてPS3/PS Vitaに登場。最新作となるPS4ソフト『閃の軌跡III』が2017年秋に発売されるので、今のうちに「PS Now」で予習を済ませておくのもお勧めです。

【『ソニック』シリーズ】
■ソニックアドベンチャー
■ソニックアドベンチャー2
■ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI
■ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードII
■ソニック ジェネレーションズ 白の時空
■ソニック ワールドアドベンチャー
■Sonic the Fighters

音速でステージを駆け抜ける爽快アクション『ソニック』シリーズ。他に類を見ない高速アクションは本シリーズの特徴ともなっており、コースクリアと結びついた時の手応えは満点。高速移動の心地よさを味わったことがない方は、「PS Now」を始めた暁には一度ご体験ください。また、シリーズ作の中では一風変わった3D対戦型格闘ゲーム『Sonic the Fighters』もサービスに含まれているのも見逃せない点です。

【『バイオハザード』シリーズ】


■biohazard 4
■バイオハザード5 オルタナティブ エディション
■バイオハザード6
■バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ
■BIOHAZARD CODE Veronica完全版
■バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション PlayStation 3 the Best
■バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
■バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ

こちらも初代PSで幕開けされた、名作サバイバルホラーシリーズ。「PS Now」では、『4』から『6』までのナンバリング作のみならず、シリーズの物語を更に広げる『CODE Veronica』なども展開されており、8タイトルをプレイ可能。『バイオハザード』の世界をガンシューティングで表現した『クロニクルズ』シリーズでは、やり込みによって強化していく要素も楽しめます。

【『ディスガイア』シリーズ】


■魔界戦記ディスガイア3
■魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編はじめました。
■ディスガイア D2

やり込み系シミュレーションRPGの代表的な存在と言える『ディスガイア』シリーズからは3作がラインナップに。文字通り桁外れなダメージを叩き出すことも可能で、育成のやり甲斐は果てがないほど。まずは「PS Now」で気軽に遊んでみて、自分と相性がよかったらパッケージ版などの購入を視野に入れてみるのもアリでしょう。

【『WHITE ALBUM』シリーズ】


■WHITE ALBUM 綴られる冬の想い出
■WHITE ALBUM2 幸せの向こう側

アクション系やRPG系のシリーズが多かったので、最後にADVシリーズとして『WHITE ALBUM』シリーズを紹介させていただきます。いずれも衝撃的な展開が話題となり、当時高い関心を集めました。詳しく書くとネタバレになってしまうので、気になった方はまず直接触れてみることをお勧めします。定額制ならばお試しがしやすい「PS Now」の利点を存分に味わいましょう。

※次ページ:『ICO』『ワンダと巨像』からSEGA名作の数々など
インサイド

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

    王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  3. 自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

    自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

  4. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  5. てんかんに苦しむ医師ホラー『Roots of Insanity』配信―日本語対応!

  6. 『ジャストコーズ3』PC英語版マルチプレイヤーModが無料配信開始!

  7. 『Wolfenstein II』TV風面白映像―ドイツ語が喋れなければ…「再教育!」

  8. 恐怖が終わらない『サイコブレイク2』最新トレイラー!「全部お前のせいだ」

  9. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

  10. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

アクセスランキングをもっと見る

page top