「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

海外リサーチ企業Newzooより、2016年度における「ゲーム企業総収益ランキング TOP25」が報告されています。

ニュース ゲーム業界
「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告
  • 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告
  • 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告
海外リサーチ企業Newzooより、2016年度における「ゲーム企業総収益ランキング TOP25」が報告されています。

Newzooの報告は各企業の年間および四半期財務報告書に基づいて分析されたもので、明示されていない推定値も含まれているとのこと。そのため、表示されるGAAP利益は各企業の報告結果と一致しない場合があるとしています。また、対象となる収益データからハードウェア販売および非ゲーム事業の売上は除外され、MicrosoftとSony Interactive Entertainmentにおいてはハードウェアと「Xbox Live/PlayStation Network」関連コンテンツを除いた収益が表されています。本記事では以下にTOP10をご紹介します。
  • 1.Tencent(年間収益102億100万ドル)
  • 2.Sony(78億3700万ドル)
  • 3.Activision Blizzard(66億700万ドル)
  • 4.Microsoft(64億7700万ドル)
  • 5.Apple(58億6400万ドル)
  • 6.Electronic Arts(46億2600万ドル)
  • 7.NetEase(41億7700万ドル)
  • 8.Google(40億6500万ドル)
  • 9.バンダイナムコエンターテインメント(19億9100万ドル)
  • 10.任天堂(18億3100万ドル)
10位の任天堂に続くのはスクウェア・エニックス、ワーナー・ブラザーズ、Ubisoft。それぞれ年間収益は16億ドル超と見られ、14位からはTake-Two Interactive、Nexon、Mixi、Konamiがランクイン。なお、示されている収益データはNewzooの独自調査に基づくものであり、各企業が報告したものと異なる場合があります。
《subimago》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチで『テラリア』が期間限定の遊び放題に!次回「いっせいトライアル」5月30日より開催決定

    スイッチで『テラリア』が期間限定の遊び放題に!次回「いっせいトライアル」5月30日より開催決定

  2. あのファッションブランド“グッチ”が次世代eスポーツプレイヤー育成プログラムを発表!

    あのファッションブランド“グッチ”が次世代eスポーツプレイヤー育成プログラムを発表!

  3. “ステマ”取り締まり強化を米取引委員会が検討中…SNSのタグやVtuberも対象に

    “ステマ”取り締まり強化を米取引委員会が検討中…SNSのタグやVtuberも対象に

  4. 週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

  5. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  6. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  7. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  8. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  9. 話題作、人気作もお得にゲット!「INDIE Live Expo」開催記念セールがSteam/Xboxで開催中

  10. 中絶問題に…飼い猫の誕生日?SIEジム・ライアンが社内向け“怪メール”で顰蹙を買う―従業員「猫の誕生日にこれほど怒りを感じたことはない」

アクセスランキングをもっと見る

page top