「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

海外リサーチ企業Newzooより、2016年度における「ゲーム企業総収益ランキング TOP25」が報告されています。

ニュース ゲーム業界
「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告
  • 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告
  • 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告
海外リサーチ企業Newzooより、2016年度における「ゲーム企業総収益ランキング TOP25」が報告されています。

Newzooの報告は各企業の年間および四半期財務報告書に基づいて分析されたもので、明示されていない推定値も含まれているとのこと。そのため、表示されるGAAP利益は各企業の報告結果と一致しない場合があるとしています。また、対象となる収益データからハードウェア販売および非ゲーム事業の売上は除外され、MicrosoftとSony Interactive Entertainmentにおいてはハードウェアと「Xbox Live/PlayStation Network」関連コンテンツを除いた収益が表されています。本記事では以下にTOP10をご紹介します。
  • 1.Tencent(年間収益102億100万ドル)
  • 2.Sony(78億3700万ドル)
  • 3.Activision Blizzard(66億700万ドル)
  • 4.Microsoft(64億7700万ドル)
  • 5.Apple(58億6400万ドル)
  • 6.Electronic Arts(46億2600万ドル)
  • 7.NetEase(41億7700万ドル)
  • 8.Google(40億6500万ドル)
  • 9.バンダイナムコエンターテインメント(19億9100万ドル)
  • 10.任天堂(18億3100万ドル)
10位の任天堂に続くのはスクウェア・エニックス、ワーナー・ブラザーズ、Ubisoft。それぞれ年間収益は16億ドル超と見られ、14位からはTake-Two Interactive、Nexon、Mixi、Konamiがランクイン。なお、示されている収益データはNewzooの独自調査に基づくものであり、各企業が報告したものと異なる場合があります。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

    あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

  2. コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

    コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

  3. 『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

    『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

  4. 5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  5. 週末セール情報ひとまとめ『DEATH STRANDING』『バイオハザードRE:3』『Kenshi』『ニーア オートマタ』他

  6. Epic Gamesストアにて23世紀の宇宙が舞台のSFターン制4Xストラテジー『Galactic Civilizations III』期間限定無料配信開始

  7. 発売20周年を記念した「クロノ・クロスライブ」ファイナル公演収録のBlu-ray4月14日に発売決定―予約受付開始

  8. ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

  9. ユービーアイソフト ジャパンのスティーヴ・ミラー社長が退職―初代『アサクリ』発売年から14年間勤務【UPDATE】

  10. フォントワークス8書体が無料公開!商用利用や埋め込みも可能で「Google Fonts」にも対応

アクセスランキングをもっと見る

page top