クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ

5月20日、東京・秋葉原にて『エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語版 Morrowind』の先行体験会が開催されました。そのイベントの様子をお届けします。

ゲーム文化 イベント
クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ
  • クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ
  • クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ
  • クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ
  • クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ
  • クマ大乱闘!『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』先行体験イベントレポ
DMM GAMESが配信するオンラインRPG『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版。5月20日、東京・秋葉原のALIENWARE STORE AKIBAにて、6月6日にリリースされる同作の最新パッケージ『Morrowind(モロウウィンド)』を一般ユーザーが先行体験できる「バトルグラウンド・ゼロ」が開催されました。

進行を務めた松本卓也プロデューサー。ウォーデンのウォーベアにちなみ、クマの帽子を着用する一幕も

「宣伝ばかりのようですが」と語りつつ、初回限定コレクターズ版のデキのよさを熱く語る松本プロデューサー。多数のインゲームアイテムのほか、限定生産フィギュア「ドワーフの巨人」、初音源化の曲も含むオリジナルサウンドトラック、大判ブックレット「ナリューの任務日誌」など、魅力的な特典が多数付属します。また、「任務日誌」は、日本語に翻訳したものを後日PDFで配信予定で、これはコレクターズ版を購入していないプレイヤーでも楽しめるとのことです。

初回限定コレクターズ版。予約はAmazonプライム会員限定となっています

限定生産フィギュア「ドワーフの巨人」近影

13時開始の部では、特別ゲストとして作中でダークエルフのセリンを演じる声優の森なな子さんも出演。「ボイス収録の際には、原音(海外版の音声)を参考にしつつ、明るく聡明なキャラクターとして演じました」と語ってくれました。


イベントのメインを飾るのは『Morrowind』で新たに実装されるPvP「バトルグラウンド」の大会。最大4人で編成されるチームが三つ巴の戦いを繰り広げる、12人まで参加可能なバトルコンテンツです。ルールは敵の撃破で得られるポイントを競う「チームデスマッチ」、敵陣営の旗を奪って自陣営に持ち帰ることで得られるポイントを競う「キャプチャー・ザ・フラッグ」、マップ上の拠点を奪い合う「ドミネーション」の3つが用意されています。

キャラクターは運営が用意したものを使用することになり、職業は『Morrowind』で初登場となるウォーデン。自然を利用した力で攻撃、防御、回復などを器用にこなす能力を持ちますが、一番分かりやすい特徴は相棒としてウォーベアを召喚できることです。会場では「いけ! クマ! いけー!」とクマ推しの声が飛び交い、何体ものウォーベアがひしめく画面とは裏腹に、大会は終始和やかな雰囲気で進行しました。なお、ウォーベア召喚は、ソロプレイヤーがストーリーを楽しむ際にも大きな助けになってくれるとのことです。


「「バトルグラウンド」は少人数で遊べるので、こうしたイベントも開催しやすい、できれば今後も続けていきたい」と意欲を語る松本プロデューサーの言葉でイベントは終了。『Morrowind』は6月6日の発売に先駆け、5月22日からアーリーアクセスも始まります。モロウウィンドの地にいち早く立ちたい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

※画面は開発中のものです。内容は予告なく変更される場合があります。

Published by DMM GAMES (C) 2017 ZeniMax Media Inc. The Elder Scrolls(R) Online: Morrowind developed by ZeniMax Online Studios LLC, a ZeniMax Media company. ZeniMax, The Elder Scrolls, Morrowind, ESO, ESO Plus, Bethesda, Bethesda Softworks and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the US and/or other countries. All Rights Reserved.
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

    『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  2. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  3. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

    バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  4. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  5. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  6. 「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

  7. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  8. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

  9. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top