インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

PC Windows

インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

京都の展示会場みやこめっせにて、5月20日と21日の2日間にわたって開催された日本最大級のインディーズゲームイベント「A 5th of BitSummit」。本会場にトゥーン調のかわいいキャラクターを操作する3Dアクション『Momodora V』が出展されていたのでご紹介します。

『Momodora V』を開発しているのは、世界中のゲームファンをうならせた2Dアクション『Momodora: 月下のレクイエム』を手掛けたブラジルのデベロッパーBombservice。ブラジル在住のrdein氏が中心となり、世界中の3人の仲間とゲーム開発を行っているのだそう。


キュートに仕上がったゲームグラフィックは『ゼルダの伝説 風のタクト』を意識して制作されており、日本人に親和性の高いデザインに。ゲームシステムは『ダークソウル』に近い「死にゲー」ライクなシステムですが、開発者によると難易度を何段階も用意し、カジュアル層でも楽しみながらクリアできるものを目指しているそうです。『風のタクト』『ダークソウル』はrdein氏が大ファンで、強く影響を受けたのだとか。


今回のデモは、遺跡のようなダンジョンを探索し、奥にいるボス(美少女)と戦うところまで。Xbox360コントローラーでの操作でしたが、L3での敵のロックオンやBボタンでのローリング回避など、『ソウル』シリーズのプレイヤーならすんなりと入り込めるボタン配置となっていました。また、ローリング回避で壺や木箱を破壊できるのも、にやりとしてしまうでしょう。武器で近接攻撃をしたときのヒット感は非常に心地よく、Yボタンでの遠距離武器もチャージショットの導入によりバトルの駆け引きの幅を広げていました。


今回のデモでは、ザコ敵の動きはさほど機敏ではないためサクサク進むことができます。一方でボス戦はなかなか歯ごたえのある戦闘になっており、死にゲー系をやり込んでいる筆者でさえ初見はあえなく撃沈してしまうほど。相手の動きを注意深く観察しながら攻撃を回避し、隙ができたら攻撃を加えるというのも非常に『ダクソ』的です。

『Momodora V』の開発は昨年から開始され、Bitsummitに出展されたデモはまだ初期段階のバージョンとのこと。現段階はPCでのリリースに注力をそそいでいますが、将来的にはNintendo SwitchやPS4での展開も視野に入れているとrdein氏は語ってくれました。前作『Momodora: 月下のレクイエム』のファンはもちろん、あらゆるゲーマーが楽しめそうな本作のリリースが今から待ち遠しくなります。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

    DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  2. 『BLESS』25日に公式生放送を実施ーCBT2の様子や運営からの大事なお知らせなど、最新情報を多数お届け!

    『BLESS』25日に公式生放送を実施ーCBT2の様子や運営からの大事なお知らせなど、最新情報を多数お届け!

  3. MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

    MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

  4. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  5. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  6. Steam版消滅から約5年…初代『Mafia』がGOG.comで配信開始!

  7. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. 『PUBG』砂漠マップ最新ショットが海外メディアより披露

  10. 『TF2』大型アップデート「Jungle Inferno」発表!―4分超の新作ムービーも

アクセスランキングをもっと見る

page top