ローポリで生まれ変わった『GTAV』デメイク映像―トレバー達の顔が…荒い! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローポリで生まれ変わった『GTAV』デメイク映像―トレバー達の顔が…荒い!

YouTubeチャンネルの98DEMAKEは、Rockstar Gamesのオープンワールドクライムアクション『グランド・セフト・オートV』のデメイク映像を公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
ローポリで生まれ変わった『GTAV』デメイク映像―トレバー達の顔が…荒い!
  • ローポリで生まれ変わった『GTAV』デメイク映像―トレバー達の顔が…荒い!
  • ローポリで生まれ変わった『GTAV』デメイク映像―トレバー達の顔が…荒い!

YouTubeチャンネルの98DEMAKEは、Rockstar Gamesのオープンワールドクライムアクション『グランド・セフト・オートV(Grand Theft Auto V)』のデメイク映像を公開しました。

この映像には、2013年に発売された本作が、昔懐かしいローポリゴンのグラフィックで表現されています。あのトレバー・マイケル・フランクリンの3人の顔が荒いドットピクチャで描かれているうえ、画面比率も当時のブラウン管テレビを意識しているためか4:3に。中々のこだわりっぷりです。

ローポリになってもトレバーの顔は印象的。

この映像は、1998年のビデオゲームのビジュアルを再現しているそうですが、当時のものと比較してグラフィックが若干綺麗な気がしますね。ところでローポリゴンの荒いグラフィックを見ると無性にワクワクしてしまうのは、筆者だけでしょうか?

なお、同チャンネルは、これまでも『Fallout 4』や『The Last Of Us』のデメイク映像を公開しているので、興味のある読者はこちらの記事をご覧ください。
《真ゲマ》

『ドラゴンフォース』が一番好き 真ゲマ

吉田輝和の絵日記やトイレオブザイヤー、ギャグ漫画「ヴァンパイアハンター・トド丸」、洋ゲー漫画「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」など、これまでゲームメディア業界に影響を与える様々な企画を立ち上げてきました。他社メディアでも活動中なので、気軽にお仕事の依頼をお願いします。 ちなみに、ユウキレイ先生が手掛ける4コマ漫画「まほろば小町ハルヒノさん」(まんがタイムで連載中)で教師役として出演中です。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

    なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  2. 懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

    懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

  3. 小島秀夫監督「メタルギア(ステルス)以上に、説明が難しかった」―実際の“太陽の光”を使って遊ぶ名作『ボクらの太陽』21周年を振り返る

    小島秀夫監督「メタルギア(ステルス)以上に、説明が難しかった」―実際の“太陽の光”を使って遊ぶ名作『ボクらの太陽』21周年を振り返る

  4. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

  5. サッカーゲームをただひたすらに3日以上プレイし続け…ナイジェリア人男性「サッカーゲームマラソン」のギネス記録を更新

  6. 日本の神話や民話を題材にした和風メトロイドヴァニア『ボウと月夜の碧い花』配信開始!

  7. 男が絶滅した世界で行方不明の恋人を探すセクシーアクション『XX Delicto』発表!

  8. 塹壕も掘れる! 最大200人参加の第一次世界大戦シューター『Over The Top: WWI』ゲームプレイトレイラー!

  9. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  10. 今回は「アラサカ」色強めに…!『サイバーパンク2077』ポップアップショップが新宿で開催―ダイバーシティ東京では「エッジランナーズ」のアイテムが販売予定

アクセスランキングをもっと見る

page top