『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る

2016年4月にXbox One/Windows 10向けにリリースされたアクション・アドベンチャーゲーム『Quantum Break』。本作はゲームプレイと実写ドラマを融合した構成が大きな特徴でした。

ニュース ゲーム業界
『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る
  • 『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る
  • 『Quantum Break』のコンセプトは元々『Alan Wake 2』のものだった―Remedyが語る

2016年4月にXbox One/Windows 10向けにリリースされたアクション・アドベンチャーゲーム『Quantum Break』。本作はゲームプレイと実写ドラマを融合した構成が大きな特徴でしたが、デベロッパーRemedy EntertainmentのSam Lake氏はEurogamerのインタビューにて、本作のコンセプトが元々『Alan Wake 2』のものであったことを明らかにしました。


Remedyがゲームプレイと実写ドラマを融合する『Alan Wake 2』の初期コンセプトをMicrosoftに見せたところ、興味を示しながらも“新規IPを探しており、それを所有したい”と伝えられたそうです。Remedyとしても『Alan Wake』のIPを保持したいという思いがあったため、初期コンセプトを基にMicrosoftの新規IPとして『Quantum Break』を作り上げたとのことです。


現時点で『Alan Wake 2』の開発は行われておらず、先日505 Gamesとのパブリッシング契約が発表されたプロジェクト『Project 7(P7)』も『Alan Wake』シリーズとは関係がないことが確認されています。Sam Lake氏は「Alan Wakeには価値があり、もっと作りたい」としつつも、創造的なアイデアだけでなくビジネスも考えなければならず、実現するには全ての物事が上手くいく必要があると語っています。

2015年に公開された『Alan Wake 2』のプロトタイプ映像
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  2. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  5. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  9. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  10. 新作ハクスラ『Last Epoch』Steamにて4月30日早期アクセス開始!4つの時代を股にかけ運命に抗え

アクセスランキングをもっと見る

1
page top