『グウェント』のカードに日本のクリエイターを起用するなら誰が良い?―公式が質問 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グウェント』のカードに日本のクリエイターを起用するなら誰が良い?―公式が質問

CD PROJEKT RED ジャパン・カントリー・マネージャーの本間覚氏は、同社の対戦型カードゲーム『Gwent: The Witcher Card Game』について、Twitterにて国内ユーザーに意見を求めています。

家庭用ゲーム PS4
『グウェント』のカードに日本のクリエイターを起用するなら誰が良い?―公式が質問
  • 『グウェント』のカードに日本のクリエイターを起用するなら誰が良い?―公式が質問
CD PROJEKT RED ジャパン・カントリー・マネージャーの本間覚氏は、同社の対戦型カードゲーム『グウェント ウィッチャーカードゲーム(Gwent: The Witcher Card Game)』について、Twitterにて国内ユーザーに意見を求めています。

同氏は、「『グウェント』に日本のイラストレーターや漫画家の描いたウィッチャーのキャラクターを登場させるとしたら、どなたがいいですか?」という質問をツイート。この質問は、他作品とのコラボレーションの事ではなく、あくまで、日本のイラストレーターや漫画家が『ウィッチャー』のキャラクターを描く事を対象にしています。

同氏によると、もしこの案が採用されたとしても、本作の世界観を損なうような画風のイラストレーターや漫画家は起用しないとのこと。本ツイートのリプライの中には、「ベルセルク」の作者・三浦建太郎氏や「ジョジョの奇妙な冒険」の作者・荒木飛呂彦氏、『ファイナルファンタジー』シリーズのイラストを手掛ける天野喜孝氏などを起用してほしいとの声が挙がっています。


この質問は、何ら確約するものではないとしながらも、多くのファンによる意見が寄せられています。同氏は、まだ様々な意見を募集しているので、何かアイデアがある読者はリプライしてみてはいかがでしょうか。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』3周年記念イベント「アニバーサリー 2019」開幕!

    『オーバーウォッチ』3周年記念イベント「アニバーサリー 2019」開幕!

  2. 『オーバーウォッチ』“ワークショップ”機能が一般公開!新たなゲームルールが自作可能に

    『オーバーウォッチ』“ワークショップ”機能が一般公開!新たなゲームルールが自作可能に

  3. 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

    次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

  4. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

  5. レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)

  6. モンスター協力ハンティング『Dauntless』正式サービス開始日が5月21日に決定!

  7. アクションRPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が8月29日発売決定ー慈悲なき戦場を生き延びろ

  8. 『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』新情報が公開―コインを稼ぐレバガチャボタン搭載&封印モードも

  9. 『Brothers: A Tale of Two Sons』海外ニンテンドースイッチ版が5月28日発売―日本向け展開も示唆

  10. 『Apex Legends』“便乗”プレイヤーをBANする方針が発表―最悪の場合は永久BANに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top