日本語含むアジア言語への対応はSteamでのセールスを拡大―Valveがローカライズの重要性を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本語含むアジア言語への対応はSteamでのセールスを拡大―Valveがローカライズの重要性を語る

近年、日本語に対応するSteamゲームが続々と増えており、私たち日本人ゲーマーにとっては非常に嬉しい限りですが、Valveは日本語含むアジア言語へのローカライズを重要視しているようです。

ニュース ゲーム業界
日本語含むアジア言語への対応はSteamでのセールスを拡大―Valveがローカライズの重要性を語る
  • 日本語含むアジア言語への対応はSteamでのセールスを拡大―Valveがローカライズの重要性を語る
  • 日本語含むアジア言語への対応はSteamでのセールスを拡大―Valveがローカライズの重要性を語る
日本語に対応したインディーゲームの数々

近年、日本語に対応するSteamゲームが続々と増えており、私たち日本人ゲーマーにとっては非常に嬉しい限りですが、Valveは日本語含むアジア言語へのローカライズを重要視しているようです。


オランダで行われたインディーゲーム中心のショーケースイベント“INDIGO 2017”に出席したValveのAlden Kroll氏は、同イベントで行われた講演においてローカライズの重要性を説き、特に非英語圏での好機が拡大していることを伝えました。その中では韓国語や中国語に続いて、日本語もセールスに大きな影響を与える言語の1つとして挙げられています。

話題作『UNDERTALE』も今夏日本語版が登場

アジア言語へのローカライズは翻訳の手間やフォント等の関係で簡単に行えるものではありませんが(特に小規模のデベロッパーは)、前述したような効果が広く認識され、今後もますます対応が増えていくと嬉しいですね。なお講演ではその他にも、開発者がキュレーターの確認を容易に行える機能や、影響力のある人物を検証し直接ゲームを送る機能がSteamにまもなく搭載予定であることが明かされたそうです。


《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

    『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

    『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

  4. 『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

  5. 『仁王2』オープンβ体験版が11月1日~10日に配信決定!新ステージ&新妖怪が登場

  6. 「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

  7. 『テイルズ オブ アライズ』新キャラクターの後ろ姿も…!TGS2019ステージ特別映像公開!

  8. 『ヴァンブレイス:コールドソウル』開発インタビュー!未経験から始まったスタジオの軌跡【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  10. シューター版の新作『Plants vs. Zombies: Battle for Neighborville』正式発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top