任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

任天堂が欧州連合知的財産庁(European Union Intellectual Property Office/EUIPO)に、“ニンテンドウ64コントローラー”の商標を出願していたことが明らかとなりました。

ニュース
任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる
  • 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる
  • 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる
  • 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる
  • 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

任天堂が欧州連合知的財産庁(European Union Intellectual Property Office/EUIPO)に、“ニンテンドウ64コントローラー”の商標を出願していたことが明らかとなりました。また、あわせて“NESコントローラー”、“SNESコントローラー”、“Nintendo Switch”の商標出願も確認されています。


商標出願の明確な理由は不明で、“マーケティング資料の標準化のため”、あるいは“バーチャルコンソール用コントローラーのため”といった予想が出ていますが、多くの人は大ヒットした「NES Classic Edition(ミニファミコン)」、10月に発売予定の「Super NES Classic Edition(ミニスーパーファミコン)」に続く、「N64 Classic(ミニニンテンドウ64)」の登場を期待しているようです。


もちろん商標出願が必ずしも何かに繋がるというわけではないので、あまり大きな期待を抱かず、今後の展開を見守りましょう。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

    あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

  2. コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

    コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

  3. 『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

    『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

  4. 発売20周年を記念した「クロノ・クロスライブ」ファイナル公演収録のBlu-ray4月14日に発売決定―予約受付開始

  5. 5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  6. 週末セール情報ひとまとめ『DEATH STRANDING』『バイオハザードRE:3』『Kenshi』『ニーア オートマタ』他

  7. Epic Gamesストアにて23世紀の宇宙が舞台のSFターン制4Xストラテジー『Galactic Civilizations III』期間限定無料配信開始

  8. ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. ユービーアイソフト ジャパンのスティーヴ・ミラー社長が退職―初代『アサクリ』発売年から14年間勤務【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top