「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

ゲーム文化 レトロゲーム

「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定
  • 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定
  • 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定
  • 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定
  • 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定
  • 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定
  • 「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

いっとくは、サイバーガジェットが販売する『レトロフリーク』を内蔵したテーブル筐体を発表しました。

『レトロフリーク』は、ファミコンやスーパーファミコン、メガドライブなど11機種のソフトがそのまま使えるレトロゲーム互換機。今回発表された「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」は、その名の通りレトロフリークを懐かしのテーブル筐体に内蔵したもので、通常のゲームプレイから各種設定、電源のON/OFFまで、筐体に付いているコントロールパネルから操作可能。さらに外部USB端子が付いており、そこからソフトの着脱を行ったり、ゲームコントローラーを増設したりする、拡張性の高さも大きな魅力となっています。





生産された台数は僅か9台で、再生産は未定。なお、9月6日~8日に開催される「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」のサイバーガジェットブース(東2-T18-15)にて、本製品が展示されるとのことです。

    【製品概要】
    ・名称:レトロフリーク内蔵テーブル筐体
    ・発売日:2017年8月8日(火)
    ・販売価格:139,800円(税込)※期間限定価格 119,800円(税込)
    ・サイズ:860mm×560mm×600mm
    ・販売方法:東京八王子での現物確認後販売のみ
    ・URL:http://pccade.com/

(C) 2017 CYBER Gadget Corporation. (C)パソケード PCCADE
《ねんね太郎》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout: NV』大型Modが配信時期を大幅前倒し―公式ボードゲーム版拡張で同名が用いられたため

    『Fallout: NV』大型Modが配信時期を大幅前倒し―公式ボードゲーム版拡張で同名が用いられたため

  2. 愛知県が舞台の格闘レースゲーム『Aichi Emperors Zero』登場!―鎧武者がバイクでパンク野郎を退治

    愛知県が舞台の格闘レースゲーム『Aichi Emperors Zero』登場!―鎧武者がバイクでパンク野郎を退治

  3. 名作ホラー『サイレントヒル』謎が謎を呼ぶファンムービー!ここは一体どこなんだ…

    名作ホラー『サイレントヒル』謎が謎を呼ぶファンムービー!ここは一体どこなんだ…

  4. 『P.T.』風ホラー『Infliction』のKickstarterが近日終了―Steam版デモも配信中

  5. ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

  6. 『アーマード・コア』シリーズ20周年記念オリジナルサントラの試聴がスタート!

  7. 追加要素ドカ盛りの『Fallout: NV』大規模Mod「Fallout: Atlanta」アルファ版が配信中、新カジノやNPC派閥など収録予定

  8. 『サイレントヒル』の影響受けたレトロ風ホラー『Harrow』がリリース!

  9. 『フォートナイト』Ninjaのチャリティ放送に約1100万円をポンと寄付する匿名視聴者が登場

  10. リワークされたシンメトラをコミカルに描く『オーバーウォッチ』ファンメイドアニメ!

アクセスランキングをもっと見る

page top