『Dota 2』AIがプロプレイヤー“Dendi”破る!―「TI7」エキシビションマッチの1on1にて | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dota 2』AIがプロプレイヤー“Dendi”破る!―「TI7」エキシビションマッチの1on1にて

ゲーム機 技術

『Dota 2』AIがプロプレイヤー“Dendi”破る!―「TI7」エキシビションマッチの1on1にて
  • 『Dota 2』AIがプロプレイヤー“Dendi”破る!―「TI7」エキシビションマッチの1on1にて

Valveの人気MOBA『Dota 2』。同作において、開催中の世界大会「TI7」にてAI対プロプレイヤーのエキシビションマッチが開催され、AIが人気プロプレイヤー“Dendi”氏を下す結果となりました。

この対戦に用いられたAIは、テスラモーターズCEOやSpaceXの創業者として知られる、イーロン・マスク氏のサイドプロジェクト「OpenAI」によって制作されたもの。レギュレーションは標準のトーナメントルールでの1on1の試合となります。OpenAIの発表では、このエキシビションマッチ以前にも『Dota 2』世界トップの1on1プレイヤー“SumaiL”氏や、総合トップの“Arteezy”氏とも戦い勝利しているとのことです。


プロジェクトは「『Dota 2』において成功するためには、プレイヤーが対戦相手についての直感を働かせ、それに応じて対応を計画することを要求しています。公開した映像では、AIが自身での学習を通して敵プレイヤーの移動を予測、不慣れな状況に対しても即興で対応して、ミニオンを助けて勝利する様を見ることが可能です」とコメント。

そして次の目標は、最上位のトッププレイヤーと戦える『Dota 2』AIのチームを作成することであると述べています。昨今、囲碁や将棋などで猛威を振るうAIプレイヤー。『Dota 2』を始めとして、MOBAのような複雑なゲームにおいても同様の展開をみることになる日も近いのかもしれません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

    VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

  2. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

    『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

  3. 『P.T.』をUnityで再現した『PuniTy』PC向けに無料配信中、開発風景に迫るイメージも

    『P.T.』をUnityで再現した『PuniTy』PC向けに無料配信中、開発風景に迫るイメージも

  4. 【吉田輝和の絵日記】仮想空間で映画鑑賞『シアタールームVR』β版でつかの間の金持ち気分を味わってみた

  5. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  6. 週刊少年ジャンプ版「ミニファミコン」を「Vジャンプ」編集者&ライターが熱く語る─任天堂トピックスにて公開

  7. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  8. 『SEGA Mega Drive & Genesis Classics』にVR対応アップデート!オンラインマルチも実装に

  9. HTC Viveで世界に没入!『Minecraft』VRプレイ映像―実際に腕を振ってブロック破壊

  10. ビジネス向け「Oculus Go」バンドルが発売開始ー64GB版が商用ライセンス等付属で299ドル

アクセスランキングをもっと見る

page top